• プレスリリース

    • ドルビー、マルチスクリーン・エンタテインメントを強化するコンテンツ配信規格向け開発キットを発表

      MPEG-DASH用の開発キットがHDストリーミング配信で高品質オーディオを実現

      2012年4月16日 ラスベガス発

      ※当リリースは抄訳版です。実際のリリースは英文をご覧下さい。

      ドルビーラボラトリーズ(以下ドルビー)は、MPEG-DASH規格を採用しているパートナーに向けて、ドルビー®デジタルプラスの高品位マルチチャンネルオーディオの性能を余すところなく発揮可能にする開発キットをリリースしたことを発表しました。MPEG-DASHは、2011年11月にMPEG(Moving Picture Experts Group)で標準化されて以来、インターネット・コンテンツのストリーミングにおける主流の配信フォーマットとしてその地位を急速に確立しています。

      Netflix社のストリーミング規格担当ディレクターのマーク・ワトソン氏は以下のように述べています。「Netflix® では、MPEG-DASHや関連するISOファイルの共通暗号化規格など、新たに誕生したコンテンツ配信規格のサポートが広がっていることを嬉しく思っています。これらの規格により、NetflixのようなOTT(オーバー・ザ・トップ)サービスを、幅広いデバイスに効率的かつ高品質で統合できるようになります。」

      ドルビーの技術は、Netflix®、HBO Go®、Vudu™、Best Buy® CinemaNow®、Samsung™ Acetrax™、Dixons KnowHow™ Movies、Voddler®、Apple® iTunes®、Amazon® Instant Videoなど、業界をリードする動画配信サービス企業に選ばれています。今回リリースされた開発キットを利用すれば、エンコーダーを提供する企業やデジタル著作権管理(DRM)の企業などの既存あるいは将来的なパートナーは、ドルビーデジタルプラスを簡単に検証・導入して、動画配信エコシステム内の製品やサービスに活かせるようになります。開発キットには、MPEG-DASHにおけるドルビーデジタルプラスの利用や配信に関する仕様書に加えて、テストベクターも含まれています。また、ドルビーは、Microsoft® Smooth StreamingやApple HTTP Live Streaming (HLS)でドルビーデジタルプラスの配信を可能にする開発キットも別途ご提供しています。

      Digital Rapids®のブロードキャスト&ライブ担当シニアプロダクトマネージャーのトニー・フアン氏は以下のように述べています。「MPEG-DASH規格の登場は、アダプティブビットレートを使用したマルチスクリーン向け動画配信技術の成熟における重要なステップです。我々は、自社製品でのドルビーデジタルプラスのサポート範囲をDASH規格にまで拡大することで、当社の顧客が、信頼性の高い安定した方法で、さまざまなドルビーデジタルプラス対応デバイスに高品質・高音質なコンテンツを配信できるようになることを大変うれしく思っています。」

      Envivio®のソリューション担当バイスプレジデントのアルノー・ペリエ氏は以下のように述べています。「Envivioは、ドルビーとの緊密な協力のもと、異なるビットレートのAVC/H.264動画とドルビーデジタルプラス音声を、シームレスなアダプティブスイッチングで配信可能にします。これにより、当社の顧客は運用コストを削減しながら、ドルビーデジタルプラス対応デバイスを所有するユーザーに高品質のサラウンドサウンドエンタテインメントを提供しています。DASH規格が幅広く採用されるようになれば、より多くのサービスプロバイダがこの技術を利用できるようになるでしょう。」

      Harmonicのコンバージェンス・ソリューション担当シニアディレクターのティエリー・フォティエ氏は以下のように述べています。「ストリーミングコンテンツをマルチスクリーンで楽しむユーザーが増えれば、配信方法や再生デバイスの種類に関わらず、最高水準のエンタテインメント体験を提供することがますます重要になります。我々はドルビーと協力し、モバイルデバイスを含むさまざまなデバイスへのコンテンツ配信の品質向上を目指しています。Harmonicとドルビーは、品質面での一切の妥協なしにインターネット経由のエンタテインメントを楽しむことができると確信しています。」

      ドルビーデジタルプラスは、放送、OTT、オンライン、オンデマンドなどのあらゆる配信方法と対応デバイスにおいて高品質のオーディオ配信を可能にします。ドルビーデジタルプラスには、帯域の制約がシビアな配信ネットワークに適した、スケーラブルで高い柔軟性を持つ高効率のマルチチャネル・コーディング機能のほか、音量調整機能やデバイスでの再生最適化機能などが統合されています。デジタルエンタテインメントのエコシステムで幅広く利用されているドルビーデジタルプラスは、TV、スマートフォン、タブレット、PC、ゲーム機、BDプレーヤーなど、6億4000万台以上の製品に搭載されており、世界中のアーティストや放送・配信事業者、通信事業者、製品メーカーから、優れたオーディオソリューションとして高い支持を得ています。

      ドルビーラボラトリーズについて

      ドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB)は最先端のエンタテインメント体験を実現する技術を提供する世界的リーダーです。1965年の設立以来、ドルビーは高品質オーディオとサラウンド音声を確立し、映画、ホームエンタテインメント、モバイルの各分野においてより豊かなエンタテインメント体験を提供してきました。ドルビーラボラトリーズまたはドルビーの技術に関する詳細はこちらをご参照ください。

      ※Dolby、ドルビー及びダブルD記号はドルビーラボラトリーズの登録商標です。その他の商標はそれぞれの合法的権利保有者の所有物です。

      ※その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

    • プレスリリース

      Dolby Japan の最新のプレスリリースを見る。