• プレスリリース

    • ドルビー、ドルビーTrueHD・アドバンスド96kアップサンプリングがステレオサウンド主催「HiViグランプリ」で技術特別賞を受賞

      2013年1月17日

      ドルビーラボラトリーズ(以下ドルビー)の日本法人ドルビージャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:漆山正幸)は、ステレオサウンドが主催する「HiViグランプリ」でドルビーTrueHD・アドバンスド96kアップサンプリングが技術特別賞を受賞したことを発表しました。今回の受賞は、ドルビーTrueHD・アドバンスド96kアップサンプリングが、ブルーレイディスクの音質改善に貢献したことに対し評価されたものです。HiViグランプリ技術特別賞が授与されるのは、ドルビーデジタル(1995年)、ドルビープロロジックIIx(2003年)、ドルビーTrueHD(2007年)、ドルビープロロジックIIz(2009年)に続き、5度目の受賞となります。

      今回の受賞についてドルビージャパン株式会社 代表取締役社長の漆山正幸は以下のように述べています。「このたび、当社のドルビーTrueHD・アドバンスド96kアップサンプリングの技術が栄誉あるHiViグランプリで技術特別賞を受賞したことを喜ばしく思います。ブルーレイディスクが持つ表現力を最大限に活かした最高のエンタテインメント体験をユーザーの皆様にご提供できるよう、この技術を開発するためにご協力いただいた多くのパートナーの皆様のおかげであり、深く感謝いたします。」

      ドルビーでは、今後もパートナーの皆様と共にユーザーの皆様に最高のエンタテインメント体験をご提供できるよう、新たな技術開発に取り組んでまいります。

      ドルビーTrueHD・アドバンスド96kアップサンプリングについて

      ドルビーTrueHD・アドバンスド96kアップサンプリング機能を用いてプリマスタリングされたブルーレイディスクは、最新のAVレシーバーやブルーレイディスクプレーヤーの性能を最大限に発揮し、完璧なHDサラウンドサウンド体験を提供します。この新しいドルビーTrueHDエンコード・ソリューションは、コンテンツ制作工程で生じるデジタルノイズを減少し、最終マスター音源を高音質96kHz再生クオリティに仕上げます。

      ドルビーTrueHDについて

      ドルビーの最新オーディオコーデック「ドルビーTrueHD」は、マスター音源の鮮烈なサウンドを一切妥協なしに再現するHDオーディオです。スタジオで制作されるマスター音声のデジタル信号を、オリジナルのまま1ビットも失う事なく、かつPCMよりも少ないデータ容量で配信することができる音声フォーマットです。これによりユーザーは、音楽や映画クリエーター達がスタジオで聴いているマスター音声そのものの品質を家庭で楽しむことが可能になります。

      HiViグランプリについて

      その年に登場した映像・音響商品の新製品をHiVi執筆陣のAV評論家諸氏と編集部で構成される選考委員会が評価し、特に傑出した製品に対し、Gold、Silver、Bronzの各賞を表彰するものです。この他、その年のAVシーンの発展に寄与した重要な提案がある場合のみ、〔スペシャル・アウォード〕が授与され、技術開発に対し技術特別賞、商品企画に対し企画特別賞が制定されています。

      ドルビーラボラトリーズについて

      ドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB)は最先端のエンタテインメント体験を実現する技術を提供する世界的リーダーです。1965年の設立以来、ドルビーは高品質オーディオとサラウンド音声を確立し、映画、ホームエンタテインメント、モバイルの各分野においてより豊かなエンタテインメント体験を提供してきました。ドルビーラボラトリーズまたはドルビーの技術に関する詳細はこちらをご参照ください。

      ※その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

    • プレスリリース

      Dolby Japan の最新のプレスリリースを見る。