• プレスリリース

    • ドルビージャパン人気バンド サカナクションの全国ツアー「SAKANAQUARIUM2013 sakanaction」に協賛

      ~幕張メッセ、大阪城ホール公演でのサラウンド音響による演出などに協力~

      2013年3月30日

      ドルビーラボラトリーズ(以下ドルビー)の日本法人ドルビージャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:漆山正幸)は、人気バンド サカナクションの1年半ぶりの全国ツアー「SAKANAQUARIUM2013 sakanaction」に協賛し、幕張メッセ、大阪城ホールの公演でのサラウンド音響による演出などに協力することを発表しました。

    • Press-0330-M1
    • 今回行われるツアーでは、5月18日、19日の2日間で行われる幕張メッセ公演、5月22日に行われる大阪城ホール公演でサラウンドシステムを使用し、公演内容の一部で立体的な音像を観客が体験できる演出に協力します。またサラウンド音響を活用したサウンド制作のアドバイスなども行う予定です。

      今回の協賛について、ドルビージャパン株式会社のプロフェッショナル製品営業部 コンテンツ技術担当 シニア・テクニカル・マネージャーの中山尚幸は以下の様に述べています。「ドルビージャパンとしてこのたびのサカナクションの全国ツアーに協賛できることを非常にうれしく思います。先日発売されたアルバム『sakanaction』の中でバイノーラルレコーディングを取り入れるなど先進的な取り組みをされております。今回のライブツアーでは、サカナクションのメンバーの皆様や、ファンの皆様に心から楽しんでいただくために、サラウンド音響を活用した演出のお手伝いができればと思っております。」

      サカナクションのプロデューサー、ヒップランドミュージックの野村達矢氏は以下の様に述べています。「サカナクションは活動開始以来、いい楽曲を創作するというベイシックな姿勢を根底に持ちつつも、レコーディングにおいてもライブにおいても新しい音楽表現の方法を常に追求しています。今回のツアーでは、音像の表現にもこだわろうということから、エンターテイメントの分野でグローバルに評価されているドルビーラボラトリーズの協力を得ることになりました。ライブでの音像追求という部分で今回のツアーの楽しみが増えます。来ていただいたお客さんにもさらにライブを楽しんでもらえることと思います。」

      ドルビーラボラトリーズについて

      ドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB)は最先端のエンタテインメント体験を実現する技術を提供する世界的リーダーです。1965年の設立以来、ドルビーは高品質オーディオとサラウンド音声を確立し、映画、ホームエンタテインメント、モバイルの各分野においてより豊かなエンタテインメント体験を提供してきました。ドルビーラボラトリーズまたはドルビーの技術に関する詳細はこちらをご参照ください。

      ※Dolby、ドルビー及びダブルD記号はドルビーラボラトリーズの登録商標です。その他の商標はそれぞれの合法的権利保有者の所有物です。

      ※その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

    • プレスリリース

      Dolby Japan の最新のプレスリリースを見る。