• プレスリリース

    • ドルビー、フィリップス、キャメロン・ペイス・グループが提携し、メガネ不要のエンタテインメント体験を推進

      2013年4月9日ラスベガス発

      ※当リリースは抄訳版です。実際のリリースは英文をご覧下さい。

      NAB展示会2013で、ドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB)とロイヤル フィリップス エレクトロニクス(NYSE:PHG、AEX:PHIA)はキャメロン・ペイス・グループ(CPG)と共同で、ドルビー(Dolby®)3DフォーマットをCPGの3Dビデオコンテンツ制作ワークフローに組み込み、ドルビー3Dフォーマットの利用で協力する契約を締結したと発表しました。ドルビー3Dフォーマットを利用した高品質の自動ステレオスコープ3D映像を提供することで、家庭におけるメガネ不要の3Dコンテンツの試聴を改善できると、この契約の全関係者が考えています。

      ドルビーはNAB展示会2013(ブースSU1702)で、ドルビー3D技術を利用したポストプロダクションから配信・再生までを紹介するデモンストレーションを行い、その一環としてCPGの3Dコンテンツも披露します。

      創立者のジェームズ・キャメロン氏とヴィンス・ペイス氏が率いるCPGは、あらゆるメディアチャンネルに向けた製品、ソリューション、クリエイティブなツールの開発を通じて、3Dを推進しています。同社は世界中の放送ネットワーク、スタジオ、放送会社、映画製作者、クリエイティブチームを支援しており、コンテンツ制作者が新しい没入感のある強力なストーリーテリングの媒体として、3Dの可能性を最大限に引き出せるようにする豊富な専門知識を持っています。CPGがサポートした映画や番組は4年間にアカデミー賞で撮影賞を3回受賞するなど、技術および創造性の成果が評価され、多数のオスカーやエミーを獲得しています。

      CPGの創立者兼共同会長のヴィンス・ペイス氏は、次のように述べています。「キャメロン監督は、映画製作に3Dを利用してエンタテインメント分野で新境地を開きましたが、そのビジョンを家庭、スマートフォン、タブレットでも実現するのは困難でした。ドルビー3Dフォーマットは、映画製作者に製作・配信から実際に鑑賞される場まで、芸術的なビジョンを実現する手段を提供しつつ、消費者には特殊メガネをかけることなく、私たちが最高品質だと考える3D体験をもたらすことができます。」

      ドルビーラボラトリーズ放送イメージング担当上席取締役のローランド・ブライクは、次のように語っています。「ジェームズ・キャメロン氏とヴィンス・ペイス氏の芸術的・技術的ビジョンによって生まれたCPGは、メガネ不要の3Dをクリエイティブなプロフェッショナル、放送ネットワーク、消費者電子機器メーカー、そして最終的には消費者に提供することを追求する当社にとって、素晴らしいパートナーとなります。」

      ドルビー3Dはメガネ不要の3Dコンテンツを制作・配信・再生するための包括的な技術スイートで、実物さながらのリアリズムを持つ自動ステレオスコープ映像を制作できます。ドルビー3Dではメガネが不要なばかりか、「スイートスポット」の制約を受けないため、視聴者はどこに座っても最高に鮮明な画像を楽しむことができます。

      共同プロジェクトのゼネラルマネジャーのギド・ボルトリーナは、次のように述べています。「ドルビーとフィリップスは3D体験を新たな次元に引き上げることに傾注しているため、CPGと協力して3Dコンテンツが世界中で消費される方法を変革する技術を推進し、クリエイティブコミュニティーがストーリーを伝える新たな手段を紹介できることを大変うれしく思います。」

      ドルビーラボラトリーズについて

      ドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB)は最先端のエンタテインメント体験を実現する技術を提供する世界的リーダーです。1965年の設立以来、ドルビーは高品質オーディオとサラウンド音声を確立し、映画、ホームエンタテインメント、モバイルの各分野においてより豊かなエンタテインメント体験を提供してきました。ドルビーラボラトリーズまたはドルビーの技術に関する詳細はこちらをご参照ください。

      ロイヤル フィリップス エレクトロニクスについて

      オランダのロイヤル フィリップス エレクトロニクス(NYSE:PHG、AEX:PHIA)は、ヘルスケア・消費者ライフスタイル・照明分野の価値ある革新を通じて、人々の生生活の向上を目指し、健康とやすらぎを提供する多角的企業です。オランダに本拠を置くフィリップスの2012年の売上は248億ユーロで、世界100カ国以上で約11万8000人の従業員が販売とサービスに従事しています。心臓病ケア、急患治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新型照明のマーケットリーダーであると同時に、男性用シェーバーやグルーミング、オーラルヘルスケアでもリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについては、こちらをご覧ください。

      キャメロン・ペイス・グループ(CPG)について

      キャメロン・ペイス・グループ(CPG)は、3D技術とSLATE²SCREEN™の製作サービスで業界をリードしています。創立者であり共同会長のジェームズ・キャメロンとヴィンス・ペイスが率いるCPGは、あらゆるメディアチャンネルに向けた技術製品、ソリューション、クリエイティブツールの提供を通じて、最高品質の3Dを提供しています。同社は世界中の映画製作者、放送会社、スタジオ、放送ネットワーク、クリエイティブチームを支援しており、コンテンツ制作者が没入感のある強力な媒体として、3Dの可能性を最大限に引き出せるようにする並外れた専門知識を持っています。CPGの簡単・効率的でコスト効率の高い3Dソリューションは、興行収入85億ドル以上を生んだ映画の制作、31本の3D映画と300本以上の3D番組、そして多数の3Dメディア体験をあらゆるフォーマットで実現する上で貢献しました。CPGがサポートした映画や番組は4年間にアカデミー賞で撮影賞を3回受賞するなど、技術および創造性の成果が評価され、多数のオスカーやエミーを獲得しています。当社に関する詳しい情報については、こちらをご覧ください。

      ※Dolby、ドルビー及びダブルD記号はドルビーラボラトリーズの登録商標です。その他の商標はそれぞれの合法的権利保有者の所有物です。

      ※その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

    • プレスリリース

      Dolby Japan の最新のプレスリリースを見る。