• プレスリリース

    • 富士通モバイルコミュニケーションズ製、auタブレット「ARROWS Tab FJT21」にドルビーデジタルプラス、スマートフォン「ARROWS Z FJL22」にドルビーモバイルが採用

      2013年11月22日

      ドルビーラボラトリーズ(以下ドルビー)の日本法人ドルビージャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:漆山正幸)は、富士通モバイルコミュニケーションズ製のauタブレット「ARROWS Tab FJT21」にドルビー® デジタルプラスが、スマートフォン「ARROWS Z FJL22」にドルビー®モバイルが採用されたことを発表しました。

      ARROWS Tab FJT21は、軽量・スリムボディと、9600mAhの大容量バッテリーや各種省電力機能による圧倒的な電池持ちを両立し、10.1インチWQXGA(2560×1600)の超高精細ディスプレイを搭載。さらにフルセグにも対応した、クアッドコアプロセッサー搭載のハイスペックなタブレットです。今回ドルビーデジタルプラスを採用したことで、映画や音楽、ゲームなどのコンテンツを自分好みの設定で最高のサウンドで楽しむことができます。

      ARROWS Z FJL22は、大容量バッテリーの搭載と各種省電力機能による長時間の使用や急速充電に対応し、新たに4GLTEとWi-Fiの同時通信による快適なブラウジングを実現しています。さらに、大画面5.0インチフルHDディスプレイとフルセグチューナーを備えた、クアッドコアプロセッサー搭載のハイスペックなスマートフォンです。今回ドルビーモバイルを採用したことで、場所を問わずに、映画や音楽、ゲームなどのコンテンツを自分好みの設定で最高のサウンドで楽しむことができます。

      ドルビーデジタルプラスは、映画やTV、音楽などをダイナミックなサウンドと非常に明瞭な会話音声でオーディオ品質を劇的に向上させる技術です。ドルビーデジタルプラスは、次世代メディアでの使用を想定して設計されており、これにより、ブルーレイ、HDTV放送、オンライン、ゲーム、携帯電話といったメディアでのエンタテインメントで、映画のような音響表現が可能になります。

      ドルビーモバイルは、コンサート会場や映画館などで体験できる臨場感あふれるサラウンド再生や重低音などのオーディオ効果を携帯端末で可能にする技術で、携帯端末での音声品質を飛躍的に向上させます。ドルビーモバイルは、ドルビーが40年以上にわたり培った音声技術を元に開発された携帯端末用技術で、エンタテインメント・アプリケーションにおいて最良の効果を出す様々な機能を搭載しています。

      • ドルビーデジタルプラスの詳細については、こちらをご覧ください。
      • ARROWS Tab FJT21の詳細については、こちらをご覧ください。
      • ARROWS Z FJL22の詳細については、こちらをご覧ください。

      ドルビーラボラトリーズについて

      ドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB)は最先端のエンタテインメント体験を実現する技術を提供する世界的リーダーです。1965年の設立以来、ドルビーは高品質オーディオとサラウンド音声を確立し、映画、ホームエンタテインメント、モバイルの各分野においてより豊かなエンタテインメント体験を提供してきました。ドルビーラボラトリーズまたはドルビーの技術に関する詳細はこちらをご参照ください。

      ※Dolby、ドルビー及びダブルD記号はドルビーラボラトリーズの登録商標です。その他の商標はそれぞれの合法的権利保有者の所有物です。

      ※その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

    • プレスリリース

      Dolby Japan の最新のプレスリリースを見る。