• プレスリリース

    • ドルビー、Doremi Labsの買収契約を締結

      2014年2月24日サンフランシスコ発

      ※当リリースは抄訳版です。実際のリリースは英文をご覧下さい。

      ドルビーラボラトリーズ(以下ドルビー)は本日、デジタルシネマ映像再生ソリューションを提供するDoremi Labsを買収する最終契約を締結したことを発表しました。Doremi Labsのソリューションをドルビーの受賞歴のあるオブジェクトベースの音響プラットフォームであるドルビーアトモスと合わせて提供することで、映画館やコンテンツ制作者は世界中の観客に新たな映画体験を提供できます。ドルビーは9,250万ドルの現金でDoremi Labsを買収し、さらに4年間で見込まれる条件付取得対価として2,000万ドルを支払います。

      ドルビーラボラトリーズのプレジデント 兼 CEOのケビン・イェーマンは以下のように述べています。「ドルビーとDoremi Labsは、お互いを補う専門技術とソリューションを有しています。両社は連携して革新を加速し、当社のパートナーである映画館が動員数を伸ばすことができるような映画体験を創造します。」

      Doremi Labsの創立者でプレジデントのカミーユ・リズコ氏は以下のように述べています。「ドルビーは40年以上にわたり、映画のストーリー展開において新たな表現を可能にするツールや技術を提供し、映画館業界に革新的な技術をもたらしてきました。さらに重要なのは、当社とドルビーが、映画館と密接に協業し観客に驚くような体験を提供する共通の取り組みを行っていることです。」

      この買収は、米国その他の国の規制当局による審査など、一般的な取引条件に従います。これらの条件に基づき、取引は2014年末までに完了する予定です。この買収が2014年度の収益および非GAAPベースの業績に及ぼす影響は重大ではないと見込まれます。

      Doremi Labsについて

      1985年に設立されたDoremi Labsは、放送局、ポストプロダクション、業務用AV市場向けにデジタルサーバーやフォーマットコンバーターを開発、製造しており、世界有数のデジタルシネマ技術を有しています。Doremi Labsのテクノロジーは47,000スクリーン以上の幅広い映画館に採用されています。Doremi Labsの従業員数は約130名で、カリフォルニア州バーバンクの他、フランスなどに拠点があります。

      ドルビーラボラトリーズについて

      ドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB)は最先端のエンタテインメント体験を実現する技術を提供する世界的リーダーです。1965年の設立以来、ドルビーは高品質オーディオとサラウンド音声を確立し、映画、ホームエンタテインメント、モバイルの各分野においてより豊かなエンタテインメント体験を提供してきました。ドルビーラボラトリーズまたはドルビーの技術に関する詳細はこちらをご参照ください。

      将来の見通しに関する記述

      本プレスリリースには、買収の完了時期、買収によって期待される利益および映画市場に対するドルビーの計画を含むドルビーの将来の見通しに関する記述を含んでおり、リスクや不確実性を含んでいます。これらの将来の見通しに関する記述は経営陣の現在の期待に基づくものであり、何らかのリスクや不確実な要素の結果、実際の結果がこれらの見通しと異なる可能性があります。将来の見通しに関する記述の内容は、以下を始めとする重要な要因によって実際に生じる結果と大きく異なる可能性があります:米国および欧州における規制当局の審査の時期および進行速度に関連するリスク、映画市場におけるトレンドに関連するリスク、買収によって期待される利益をドルビーが実現する能力、Doremi Labsの統合を完了するドルビーの能力、主要顧客の喪失もしくはこれらの顧客の売り上げの低下、価格圧力、消費支出の動向を含むマクロ経済状況の影響に伴うリスク、エンタテインメント業界における新規および成長市場に対応するドルビーの新規技術開発力および販売力、競合リスク、映画業界全般の健全性に伴うリスク、デジタル映画およびデジタル3D映画の発展と成長およびこれらの市場への進出を成功させるドルビーの能力、事業全般およびデジタルエンタテインメントの配信に関連して音響関連技術以外の技術分野を拡大させるドルビーの能力、買収および事業もしくは技術統合の達成に関連するリスク、最新会計年度のForm-10-Qに記載されている“Risk Factors”の項目に記載されているリスク要因を含めドルビーの米国証券取引委員会(SEC)への提出書類及び報告書に詳細が記載されているその他のリスク。ドルビーは、新情報がもたらす結果、将来起こる出来事などにかかわらず、これらの将来の見通しに関する記述を更新する義務を一切負いません。

      ※Dolby、ドルビー及びダブルD記号はドルビーラボラトリーズの登録商標です。その他の商標はそれぞれの合法的権利保有者の所有物です。

      ※その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

    • プレスリリース

      Dolby Japan の最新のプレスリリースを見る。