• プレスリリース

    • Blu-Ray™がエンタテインメント愛好家にもたらすドルビーアトモスの新次元サウンド

      NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンのドルビーアトモス採用の映画がドルビーアトモス対応AVアンプおよびスピーカーによって、ホームシアターに

      2014年9月8日サンフランシスコ発

      ※当リリースは抄訳版です。実際のリリースは英文をご覧下さい。

      ドルビーラボラトリーズ(以下ドルビー)の日本法人ドルビージャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大沢幸弘)は本日、ドルビーアトモス®対応AVアンプおよびスピーカーを所有するホームシアター愛好家向けに、コムキャスト/NBCユニバーサルの子会社であるNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社(本社:東京都港区、最高経営責任者兼社長:高木ジム)のドルビーアトモス・サウンドトラック採用の映画「ネイチャー(11月6日発売予定、原題『Enchanted Kingdom』)」がブルーレイとしてリリースされることを発表しました。

      ドルビージャパン株式会社代表取締役社長の大沢幸弘は、次のように述べています。「ホームシアター・オーディオの世界で、この20年間で最大の進歩と言えるドルビーアトモスにより、音声が驚くほどの明瞭さと迫真のディテールで室内のあらゆる方向に移動することで、視聴者をストーリーの奥深くへと引き込みます。ドルビーアトモスを支持する声や興奮の声は、業界と愛好家に共通して圧倒的なものでした。当社は素晴らしいパートナー・グループと共同で、最高のエンタテインメント体験を世界中にお届けします」

      コムキャスト/NBCユニバーサルの子会社であるNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンは、Blu-ray Discでドルビーアトモスを日本でサポートする最初の映画会社です。NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンがBlu-rayでリリースする最初の作品は、「ネイチャー(11月6日発売予定、原題『Enchanted Kingdom』)」です。

      ドルビーアトモスに対応したホームシアター製品は、アバックやビックカメラなどの大手ホームシアター専門店で体験できます。年内の追加対応製品の市場投入の際には、さらに多くの場所でデモを体験できる見通しです。

      これまでに、Denon、Integra、Marantz、Onkyo、Pioneer、Steinway Lyngdorf、Trinnov Audio、Yamahaがドルビーアトモス対応AVアンプまたはプリプロセッサーを発表しています。また、Atlantic Technology、Definitive Technology、KEF、Onkyo、Pioneer USA、Teufel、Triad Speakersは、ドルビーアトモス対応スピーカーとアドオン・モジュールの開発を進めています。Onkyoは、ドルビーアトモス搭載HTIB(ホームシアター・イン・ア・ボックス)システムも発表しています。Analog Devices, Inc.、Cirrus Logic、Texas Instrumentsなどの半導体メーカーは、ドルビーアトモス搭載ホームシアターAVアンプおよびプロセッサー向けのチップを開発しました。さらに、Datasat、Emotiva Audio Corp、Outlaw Audio、Storm Audio、Now Hear This(NHT)などのメーカーも、ドルビーアトモス製品の提供を表明しています

      ドルビーアトモスに関する詳細情報についてはこちらをご覧ください。

      ドルビーアトモスについて

      ドルビーアトモスは、頭上を含め部屋のどの位置にでも特定の音を定位または移動させ、魅力的な多次元サウンドを提供して、視聴者がどこにいても生き生きとしたエンタテインメントを届けます。2012年に初めて映画に導入されて以来、あらゆる主要ハリウッド・スタジオや7名のアカデミー賞を受賞したディレクター、16名のアカデミー賞を受賞したサウンド・ミキサーなどに採用されてきました。今後エンタテインメント愛好家は、ホームシアターでドルビーアトモスを楽しめるようになります。

      ドルビーラボラトリーズについて

      ドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB)はモバイル端末、映画館、家庭、仕事環境でエンタテインメントとコミュニケーションを環境に合わせて変換するオーディオ、ビデオ、ボイス技術を開発しています。50年近くにわたり、視聴覚体験はドルビーによってさらに鮮明でクリア、そしてパワフルなものとなりました。ドルビーラボラトリーズについて詳細はこちらをご参照ください。

      ※Dolby、ドルビー及びダブルD記号、Dolby Atmosはドルビーラボラトリーズの登録商標です。その他の商標はそれぞれの合法的権利保有者の所有物です。

      ※その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

    • プレスリリース

      Dolby Japan の最新のプレスリリースを見る。