• プレスリリース

    • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテインメントとドルビーが協業を発表 ハリウッドの大ヒット作品をドルビービジョンで家庭向け配給パートナーへ提供

      「オール・ユー・ニード・イズ・キル」「イントゥ・ザ・ストーム」「LEGO® ムービー」などの作品が2015年にドルビービジョンでリリース予定

      2015年1月5日バーバンク発

      ※当リリースは抄訳版です。実際のリリースは英文をご覧下さい。

      ドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB、以下ドルビー:日本法人 ドルビージャパン株式会社:代表取締役社長 大沢幸弘)とワーナー・ブラザース・ホームエンターテインメントは本日、新しいDolby Vision™(ドルビービジョン)でマスタリングされた初の4K作品を発表しました。2015年初旬にリリースされる予定の作品には、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」、「イントゥ・ザ・ストーム」、「LEGO® ムービー」をはじめとする近年の大ヒット作品があります。

      HDと4Kの両方を補完することのできるドルビービジョンは、コンテンツ制作者とテレビメーカーが、今までにない視覚体験を提供する上で役立つ、新しい画像処理技術です。オーバーザトップ(OTT)オンライン・ストリーミング、放送、ゲームアプリケーションを通じて、驚くほどの輝度、比類のないコントラスト、魅惑的な色の再現性でエンタテインメントにリアリティをもたらします。

      ワーナー・ブラザース・ホームエンターテインメントの米国担当プレジデント、ジム・ブュートリッヒ氏は以下のように述べています。「画像処理とテレビの未来は、驚くほどの可能性で満ちています。これからもドルビーとのパートナーシップを拡大し、2015年は『オール・ユー・ニード・イズ・キル』、『イントゥ・ザ・ストーム 』、『LEGO® ムービー』をはじめとしたドルビービジョン作品を着実に供給していきたいと思っています。ドルビービジョンを活用し、まったく新しい手法で芸術的な意図を解き放つことで、視聴者の感覚を捉える、劇的に改善した画質が世界中の家庭に提供され、ワーナー・ブラザース映画がリビングルームで再現できます。」

      初回ラインナップの作品は、FilmLight® Baselightシステムでリマスタリングされました。ドルビービジョンが初めて使用され、これまでテレビでは見ることができなかったより一層の輝度を、完全で豊富な新しいカラーパレットと、深く繊細な暗度で実現します。ドルビーとワーナー・ブラザースは協業で、ドルビービジョン対応テレビの発表に合わせた初回ラインナップ作品の準備、追加作品の供給、2015年、年間を通じて新規作品リリースに努めます。

      エンドツーエンド・ソリューションであるドルビービジョンは、コンテンツの制作から配給、再生の全体で機能し、ハリウッドの有名監督、大手映画会社のエグゼクティブ、OTTサービス プロバイダー、テレビメーカー、世界中の制作者、オペレーターなど、エコシステムの要所を占める人々からすでに支持を得ています。

      ドルビーのコンテンツ・ソリューションおよびインダストリー・リレーションズ担当シニアバイスプレジデントのカート・ベルマーは以下のように述べています。「ドルビービジョンの拡張されたカラー・パレット、拡張されたダイナミックレンジ、飛躍的に向上したコントラスト比で映画製作者の創作意図を楽しめる技術を提供できることを嬉しく思っています。これにより視聴者は、これまでにないディテールの再現性と実物そっくりの画像が体験できます。テレビメーカーは、ドルビービジョン対応ディスプレイを採用することで、ドルビービジョンのワーナー・ブラザース作品を、スクリーンのサイズや視聴する距離に関係なく、視聴者の感覚を捉えるような、劇的に改善されたビジュアル体験を提供できます。」

      ドルビービジョンについて

      ドルビービジョンは、今までにない視覚体験を提供し、OTTオンライン・ストリーミング、放送、ゲームアプリケーションを通じて、驚くほどの輝度、比類のないコントラスト、魅惑的な色の再現性でエンタテインメントにリアリティをもたらします。ほとんどのコンテンツは、被写体本来の色彩や輝度を保持する技術で録画およびレンダリングされていますが、そのデータの多くは視聴者に届くまでに失われてしまいます。これは、現在のカラーグレーディング基準が旧式技術に基づいていることから、色表現を制限されているため映像の元素材が伝送や再生される前に、色彩、輝度、コントラストを劇的に低減せざるを得ないからです。 ドルビービジョンはこのような状況を変えます。クリエイターが自在に全色域、ピーク輝度、ローカルコントラストを駆使し、ドルビービジョン対応テレビでそれらが忠実に再生されることに確信を持てます。

      ドルビーラボラトリーズについて

      ドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB)はモバイル端末、映画館、家庭、仕事環境でエンタテインメントとコミュニケーションを環境に合わせて変換するオーディオ、ビデオ、ボイス技術を開発しています。50年近くにわたり、視聴覚体験はドルビーによってさらに鮮明でクリア、そしてパワフルなものとなりました。ドルビーラボラトリーズについて詳細はこちらをご参照ください。

      ※Dolby、ドルビー及びダブルD記号はドルビーラボラトリーズの登録商標です。その他の商標はそれぞれの合法的権利保有者の所有物です。

      ※その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

    • プレスリリース

      Dolby Japan の最新のプレスリリースを見る。