• プレスリリース

    • AMCシアターズとドルビーラボラトリーズ、「Dolby Cinema at AMC Prime」の展開で合意

      レーザー映像、臨場感あふれるサウンド、究極の快適性を一体化した完全なプレミアムシネマ体験を提供する映画館を全米100カ所で展開予定

      2015年4月9日リーウッド/サンフランシスコ発

      ※当リリースは抄訳版です。実際のリリースは英文をご覧下さい。

      AMC シアターズ(NYSE: AMC)とドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB、以下ドルビー:日本法人 ドルビージャパン株式会社:代表取締役社長 大沢幸弘)は本日、「Dolby Cinema™ at AMC Prime®」を新たに展開していくことを発表しました。ドルビー®シネマを採用することで、AMCのプレミアム映画館、AMC Primeは、映像と音響の驚異的なテクノロジーの組み合わせに創造性あふれるデザインが加わり、映画館を訪れるたびに最高に魅惑的なイベント体験と驚くほどの快適性を実現します。ドルビービジョンのレーザー映写とドルビーアトモスのサウンド、さらにスクリーンで展開されるアクションに合わせて振動するトランデューサー内蔵のAMC Primeのパワーリクライニングシートが一体化し、観客に驚きの体験を提供します。

      AMCは、2015年5月中旬までに全米の主要都市で展開する劇場のうち、4館で「Dolby Cinema at AMC Prime」の導入を完了し、その後、2018年12月までにサンフランシスコ、ラスベガス、フィラデルフィア、マイアミ、ボストン、デンバー、シアトルなど、その数を50カ所に拡大していく予定です。さらに2024年12月までには「Dolby Cinema at AMC Prime」を合計100館まで増やしていく計画です。

      ドルビーラボラトリーズのプレジデント兼CEOのケビン・イェーマンは以下のように述べています。「ドルビーシネマの鮮やかで生き生きとした映像と臨場感あふれるサウンドで、映画館を訪れるお客様に、他では味わえない体験を提供します。Dolby Cinema at AMC Primeは全米中のお客様を究極の映画体験にお連れします。」

      AMCのCEO兼プレジデント、ジェリー・ロペス氏は次のように述べています。「Dolby Cinema at AMC Primeが提供する新たな劇場体験は、観客の度肝を抜くことになるでしょう。AMC Primeはすでに全米で高い人気を博しており、ドルビーの最先端の技術が加わることによって、お客様はプレミアムラージフォーマットの次世代型映画館で見たり、聴いたり、体感したりするものによって一層の感動とスリルや興奮を、心地よいリクライニングチェアに座ったままで味わうことができるでしょう。」

      ドルビーシネマの導入により、AMCは映画興行業界におけるプレミアムラージフォーマットの中心的な存在としての地位を高めることとなります。ドルビーとの合意により、AMCはETXやAMC Primeといった既存のフォーマットをDolby Cinema at AMC Primeに刷新します。改修された既存劇場は、新たにドルビーアトモスの音響技術とドルビービジョンの映写システムを組み合わせたドルビーシネマが導入されることになります。

      ドルビービジョン採用のレーザー映写システムは、ハイダイナミックレンジと高度な色彩技術によって信じられないほど艶やかな黒色とコントラスト比を可能にし、現在市場で提供されているあらゆる映像技術をはるかに上回る画質を実現します。驚くほど鮮明で臨場感あふれる映像により、より豊かで詳細な視聴体験を提供し、観客は映画の世界に実際に入り込んだような感覚を味わうことができます。数々の賞に輝くドルビーアトモスの音響技術は、観客の頭上を含めて映画のサウンドを劇場内のどこにでも自在に移動させることができ、驚くほど豊かで深みのあるサウンドを実現します。観客はスクリーン上の動きに合わせて音楽や人々、さまざまな情景が自分の回りを実際に流れていくように感じることができ、映画に一層入り込んで感動的な体験を味わうことができます。

      ドルビーシネマの創造性あふれるデザインは、すべてのDolby Cinema at AMC Primeにおいて優れた映像・音響技術の効果を一層発揮させるために考案されたもので、劇場自体が映画の雰囲気を作りだし、観客をより深くストーリーに引き込むようデザインされています。ドルビーの卓越した技術に究極の快適性とAMC Primeの振動装置付きの贅沢なリクライニングシートの体感を加え、観客はこれまでにないほど映画のアクションを身近に感じることができます。

      AMC Primeについて

      AMC PrimeはAMCシアターズが展開するプレミアムラージフォーマット(PLF)スクリーンの映画館で、ここで提供される映画体験は観客から最高水準の評価を得ています。2013年にミズーリ州カンザスシティにオープンしたAMC BarryWoods 24を皮切りに、現在、その数は全米主要都市9カ所に拡大しています。AMC Primeの振動装置付きのパワーリクライニングシート、ドルビーアトモスのサウンドと信じられないほど鮮明で輝度の高い映像は視覚、聴覚、体感が一体となり観客に驚きの体験を提供しています。

      ドルビーシネマについて

      ドルビーシネマは、完全なシネマ体験を実現します。映像と音響の強力な技術の組み合わせに、創造性あふれるデザインを加え、観客が映画館を訪れるたびに最高に魅惑的な体験を提供します。ドルビーシネマには、映画館のスクリーン上でストーリーを生き生きと描き出す最先端の映像編集・再生技術であるドルビービジョンとドルビーアトモスが投入され、驚くほどリアルなサウンドが館内を満たし、観客の回りを包み込んだサウンドが移動することで、観客を映画の世界にいざないます。これらの技術の組み合わせに洗練された独自のデザインが加わり、ドルビーシネマはすべてが一体化されて映画館を訪れる人を一層深くストーリーに引き込み、映画鑑賞をイベント体験に変えていきます。詳細については、ドルビーシネマのウェブサイトをご覧ください。

      AMC シアターズについて

      AMCシアターズ(NYSE: AMC)は全米348館、4,960スクリーンを擁し、優れた劇場体験を提供する大手映画館チェーンです。AMCは映画館業界の革新を推進し、食事や飲み物のメニューの充実や顧客とのエンゲージメントやロイヤリティの強化、映像・音響の向上、対象としている顧客ごとのプログラム構成など、現在もより快適で便利な映画館の提供に向けた取り組みを続けています。AMCはニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴの3大市場でトップシェアを獲得するなど、全米で最も収益の高い映画館を展開しています。詳細についてはこちらをご覧ください。

      ドルビーラボラトリーズについて

      ドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB)はモバイル端末、映画館、家庭、仕事環境でエンタテインメントとコミュニケーションを環境に合わせて変換するオーディオ、ビデオ、ボイス技術を開発しています。50年近くにわたり、視聴覚体験はドルビーによってさらに鮮明でクリア、そしてパワフルなものとなりました。ドルビーラボラトリーズについて詳細はこちらにアクセスしてください。

      ※Dolby、ドルビー及びダブルD記号はドルビーラボラトリーズの登録商標です。その他の商標はそれぞれの合法的権利保有者の所有物です。

      ※その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

    • プレスリリース

      Dolby Japan の最新のプレスリリースを見る。