• プレスリリース

    • ソニー・ピクチャーズ ホームエンタテインメントとドルビー、ドルビービジョン対応の4K Ultra HD作品で協業を発表

      2015年9月10日サンフランシスコ発

      ※当リリースは抄訳版です。実際のリリースは英文をご覧下さい。

      ドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB、以下ドルビー:日本法人 ドルビージャパン株式会社:代表取締役社長 大沢幸弘)とソニー・ピクチャーズ ホームエンタテインメント(以下、SPHE)は本日、今後のさまざまなホームエンタテインメント配信パートナーによる4K Ultra HDの作品リリースに際し、新たにドルビービジョンのマスタリングプロセスを利用し、コントラスト幅がより広く、色彩がより鮮明なハイダイナミックレンジ(HDR)映像を提供していく計画を発表しました。ホームエンタテインメントにおけるドルビービジョン採用SPHE作品の登場は、世界中の愛好家やコンテンツチャネルに飛躍的な前進をもたらします。

      4K Ultra HDを補完するドルビービジョンは、驚異的な輝度、比類のないコントラストと魅力的な色彩で、コンテンツ制作者の作品に劇的に向上した視聴体験をもたらす新しい映像技術であり、また次世代の物理ディスクとデジタル配信プラットフォームを通じて、革新的なエンタテインメント体験を消費者に提供します。

      ソニー・ピクチャーズ ホームエンタテインメントのワールドワイドデジタル戦略兼アドバンスドプラットフォーム担当シニアバイスプレジデントのリチャード・バーガー氏は以下のように述べています。「当社は、次世代4K Ultra HDコンテンツに対して高まる消費者の要求に対し、今後も真摯に取り組んでいきたいと思っています。ドルビービジョンの映像技術で、今後は当社の映画作品を、一般家庭の配信向けに最高品質でマスタリングできるようになります。」

      エンドツーエンドソリューションであるドルビービジョンは、コンテンツ制作から配信、再生の過程で利用でき、すでにハリウッドの著名監督や主要スタジオの上層部、OTTサービスプロバイダーなどにも支持されています。

      ドルビーラボラトリーズのコンテンツソリューション兼リレーションズ担当シニアバイスプレジデントのカート・ベルマーは以下のように述べています。「ドルビービジョンは、ソニー・ピクチャーズ ホームエンタテインメントの魅力的な新作や過去の人気作品に新たな可能性の光をあてるでしょう。消費者は今後自宅のリビングルームで、ドルビービジョンでマスタリングされたSPHEの映画作品を、臨場感溢れる見事な映像で体験でき、まったく新しいエンタテインメント体験に五感を刺激されることになるでしょう。」

      SPHEは近日、ドルビービジョン4K Ultra HD対応の作品を順次リリースする予定です。

      ドルビービジョンについて

      ドルビービジョンは画期的な映像技術であり、驚異的な輝度、比類のないコントラストと魅力的な色彩で視聴体験を劇的に向上し、OTTでのオンラインストリーミングや放送、ゲームアプリケーションを通じて、現実そのもののようなエンタテインメント映像の配信を可能にします。

      ほとんどのコンテンツは、被写体本来の色彩や輝度を保持する技術で録画およびレンダリングされていますが、そのデータの多くは視聴者に届くまでに失われてしまいます。これは、現在のカラーグレーディング基準が旧式技術に基づいていることから、色表現を制限されているため映像の元素材が伝送や再生される前に、色彩、輝度、コントラストを劇的に低減せざるを得ないからです。ドルビービジョンはこのような状況を変えます。クリエイターが自在に全色域、ピークハイライトや輝度、コントラストを駆使し、ドルビービジョン対応テレビでそれらが忠実に再生されることに確信を持てます。

      ソニー・ピクチャーズ ホームエンタテインメントについて

      ソニー・ピクチャーズ ホームエンタテインメント(SPHE)は、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE)の傘下企業です。またソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE)は、東京に本社を置くソニー株式会社の子会社であるソニー・エンタテインメント社の子会社です。SPEは国際的に事業を展開しており、映画の制作、買付および配給、テレビ番組の制作、買付および配給、テレビネットワークの運営、デジタルコンテンツの制作と配信、スタジオ施設の運営、ならびに新しいエンタテインメント作品、サービスおよび技術の開発などを行っています。詳細は、ウェブサイトをご参照ください。

      ドルビーラボラトリーズについて

      ドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB)はモバイル端末、映画館、家庭、仕事環境でエンタテインメントとコミュニケーションを環境に合わせて変換するオーディオ、ビデオ、ボイス技術を開発しています。50年近くにわたり、視聴覚体験はドルビーによってさらに鮮明でクリア、そしてパワフルなものとなりました。ドルビーラボラトリーズについて詳細はこちらにアクセスしてください。

      ※Dolby、ドルビー及びダブルD記号はドルビーラボラトリーズの登録商標です。その他の商標はそれぞれの合法的権利保有者の所有物です。

      ※その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

    • プレスリリース

      Dolby Japan の最新のプレスリリースを見る。