• プレスリリース

    • VIZIO、ドルビービジョン採用のハイダイナミックレンジ対応テレビ、VIZIO Reference Seriesの製品価格と受注開始を発表

      業界初の完全な4K Ultra HDハイダイナミックレンジ向けソリューションで映像品質の基準がさらに向上、VUDUがドルビービジョン対応コンテンツを配信

      2015年10月6日カリフォルニア州アーバイン発

      ※当リリースは抄訳版です。実際のリリースは英文をご覧下さい。

      米液晶テレビメーカーVIZIO社 (以下VIZIO)とドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB、以下ドルビー:日本法人 ドルビージャパン株式会社:代表取締役社長 大沢幸弘)は本日、業界初ドルビービジョン採用ハイダイナミックレンジ対応テレビとなる新製品群「VIZIO Reference Series」の価格と受注開始を発表しました。65インチクラスモデル(RS65-B2)のメーカー希望小売価格は5,999.99ドル、120インチクラスモデル(RS120-B3)のメーカー希望小売価格は129,999.99ドルで、このプレミアムコレクションには映画ファンを歓喜させる画期的で革命的な技術が搭載されています。色域を広げるUltra Color Spectrumならびに量子ドットパネル(65インチクラスモデルに搭載)装備のReference Seriesは、800NitのフルアレイLEDバックライトと384のActive LED Zonesによって驚くほど色鮮やかなUltra HD画像を実現します。製品購入後すぐ、4K Ultra HDドルビービジョンでマスタリングされた特定のワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント作品を、人気オンデマンドストリーミングサービスVUDUで視聴可能です。Netflixでも近日、他のコンテンツプロバイダーによるドルビービジョン対応作品が視聴可能になる予定です。製品の受注はすでにVIZIO.comで開始しており、受注後、発注者の近隣設置業者が、納期とプレミアム設定サービスを調整します。

      映画ファンとハイエンドホームシアター愛好家のために設計されたVIZIO Reference Seriesは、従来の輝度、色彩、コントラストの限界を押し上げる製品です。従来の色空間国際標準、Rec. 709のみ再現可能な多くのテレビとは異なり、Reference Seriesは、より広い色域を実現するUltra Color Spectrum技術を採用し、 65インチクラスモデルに搭載されている量子ドットパネルで、人間の目により近い色域を再現します。この驚異的な映像は、前例のない384のActive LED Zonesを備えた800NitのフルアレイLEDバックライトによりさらに美しさが増し、幅広い照度の設定ときめ細かなコントラスト制御が可能です。

      VIZIOの最高技術責任者(CTO)マット・マクレー氏は、以下のように述べています。「VIZIOとドルビーは、真のハイダイナミックレンジをお客様に体験していただくために、不断の努力を続けてまいりました。ドルビービジョンが実現するVIZIO Reference Seriesの画質はまさに驚異であり、業界における高画質のレベルを引き上げます。ハイダイナミックレンジとUltra Color Spectrumを組み合わせた当社独自のパネル技術が、コントラスト比と色域の限界を押し上げ、家庭で再現可能な画質をさらに向上するテレビ製品を実現しています。VIZIOは、コンテンツがReference Seriesの機能をフルに活用し、VIZIO Internet Apps Plusでのストリーミングに最適なリマスタリングができるよう、ドルビーやワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント、VUDU、Netflixといったパートナーと密接に連携してまいりました。」

      Reference Seriesのドルビービジョン採用により、輝度の範囲と色彩の精密さが向上し、視聴体験が劇的に向上します。ドルビービジョンは、より拡張された輝度を再現し、広範なコントラスト範囲で、人の目で実際に見える色に近い彩度を実現し、映像の細部を鮮やかに映し出してニュアンスを正確に再現します。

      ドルビーラボラトリーズの社長兼CEOのケビン・イェーマンは以下のように述べています。「ドルビーは、視覚と聴覚の科学を発展させ、素晴らしい視聴体験を実現します。 VIZIOからドルビービジョン初採用のテレビが発売され、大手スタジオがドルビービジョン対応コンテンツの配信を表明したことで、劇的に向上した視聴体験をご家庭に提供できるようになります。」

      ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントは、VIZIO Reference SeriesでVUDUから視聴できるドルビービジョン対応作品を追加しました。発表済みの作品に加え、「San Andreas(邦題:カリフォルニア・ダウン)」や「Mad Max: Fury Road(邦題:マッドマックス 怒りのデス・ロード)」、「Magic Mike XXL(邦題:マジック・マイク XXL)」、「Jupiter Ascending(邦題:ジュピター)」、「Man of Steel(邦題:マン・オブ・スティール)」、「The Great Gatsby(邦題:華麗なるギャツビー)」ほか、リマスタリングされたドルビービジョン対応4K Ultra HDタイトルを継続的に配信予定です。

      ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントの北米担当社長のジム・ブュートリッヒ氏は、以下のように述べています。「当社のビッグタイトルがドルビービジョン対応4K Ultra HDでリマスタリングされるのは、とても楽しみです。ハイダイナミックレンジ対応の4K Ultra HDテレビが普及すれば、こうした傑作を全く新しい、魅力的かつ今までにない明るさと色彩で、まるでその場で見ているかのように体験できるようになります。」

      消費者はVIZIO Reference Series購入直後に、ストリーミングパートナーのVUDUでドルビービジョン対応作品を視聴できます。ドルビービジョンで配信される最新作品のリストは、VUDU.com/UHDでご覧いただけます。

      VUDUの製品担当副社長スコット・ブランクスティーン氏は、以下のように述べています。「当社は、高品質のデジタルホームエンタテインメント体験をお届けすることを第一に考えます。当社は家庭向けHDコンテンツストリーミングにおける革新を牽引してきましたが、VIZIOとドルビービジョンのおかげで再び大きく前進することができます。ドルビービジョンとReference Seriesがもたらす驚くほどリアルな映像は、お客様に価値を見出してもらえると確信しているので、当社はVUDUで簡単にドルビービジョン対応作品を楽しんでもらえるよう努めます。」

      Netflixもコンテンツのドルビービジョン対応リマスタリングに取り組んでおり、ドルビービジョン初対応作品として、人気オリジナル冒険ドラマ「Marco Polo(マルコ・ポーロ)」シーズン1を近日Netflix appで配信予定です。さらに「Marco Polo(マルコ・ポーロ)」シーズン2も、初公開とともにドルビービジョン対応で配信予定です。

      Netflixのデジタルサプライチェーン担当副社長ケビン・マッケンティー氏は以下のように述べています。「フビライ・ハンの宮廷を舞台にした『Marco Polo(マルコ・ポーロ)』は、Netflixの中でもひときわ美しい映像を使っている番組の1つです。Netflix番組制作者の選択肢としてドルビービジョンを加えられることを、とても喜ばしく思っています。」

      その他のReference Seriesコレクションの特徴

      • 速くて効率的なストリーミング体験を実現する超高速の802.11acデュアルバンドWiFi。
      • NetflixやAmazon Instant Video、UltraFlix、Toon Gogglesなどのアプリを通じてVUDUやUltra HDコンテンツでハイダイナミックレンジでの再生を実現するVIZIO Internet Apps Plus®。※1
      • HEVC H.265コーデックならびにVIZIO V6シックスコアプロセッサ対応による、シームレスなアプリの検索および整理。
      • Clear Action 1800とバックライトスキャニングと高速かつ効果的な240 Hzのリフレッシュレート、ならびにVM50 EngineによるUltra HDならではの画面上の滑らかな動きと優れた映像処理能力。
      • パワフルなSpatial Scaling Engineによる、通常の1080pのピクセルがより精緻でより正確なUltra HDピクセルに変容。
      • 将来的な拡張を見据えた次世代のケーブルや衛星放送受信機、Blu-ray™ならびにゲーム機に対応したHDMIポート。
      • 65インチクラスモデルに組み込まれたホームシアター向けオーディオと、それを補完するパワフルな10インチのサブウーファーと後部の2つのサテライトスピーカーによる画期的な構成。
      • 高調波歪み1%未満で、101 dB以上の透明性のある音量を提供するドルビーおよび DTSの最先端オーディオ技術。※2

      すぐにVIZIO.comにアクセスし、65インチまたは120インチのVIZIO Reference Seriesをご注文いただくことができます。

    • VIZIO 65インチReference Series 4KUltra HDスマートテレビ(R65-B2)

      5,999.99ドル(メーカー希望小売価格)

      VIZIO 120インチReference Series 4K Ultra HDスマートテレビ(RS120-B3)

      129,999.99ドル(メーカー希望小売価格)

    • ※1 本文書に書かれているVIZIO Internet Apps Plusのアプリケーションならびにコンテンツは、一部の国および言語でのみ入手可能な場合があります。また追加費用または購読料金が必要な場合があり、さらに予告なしに将来にアップデート、修正または中止される場合があります。VIZIOはサードパーティーのアプリケーションまたはコンテンツを管理しておらず、こうしたアプリケーションまたはコンテンツの利用、あるいはそれらによる干渉に対して一切の責任を負いません。サードパーティーに関わる、付加的な条項、条件および制約が、これに適用されます。高速/ブロードバンドでのインターネットサービス、アプリの購読およびアクセス機器が必要となりますが、VIZIOからは提供されません。

      ※2 音圧レベルの測定は、1メートルの地点でピンクノイズを使って行われ、加重平均されています。全高調波歪みが、増幅器による歪みの電気計測値として計算されています。

      VIZIOについて

      ネット接続環境にある消費者、広告主、コンテンツプロバイダーで構成されたコミュニティーを通じて、究極のエンタテインメント体験をお届けするのがVIZIOのミッションです。ネット接続されたエンターテイメントプラットフォームを通じてVIZIOは、消費者がコンテンツを検索および体験する方法を変容させています。2002年にカリフォルニアで設立されて以来、VIZIOは業界をリードするブランドとなり、テレビ、サウンドバー、他のデバイスなど6,500万台以上の製品を販売してきました。VIZIOは米国において大きなマーケットシェアを獲得しており、2014年の米国のサウンドバー業界のユニットシェアで第1位※1、米国のスマートHDTV業界のユニットシェアで第2位※2となりました。VIZIOの製品の優秀さはいくつもの専門誌での評価ならびに賞によって裏付けられており、2015年CNET Editors’ Rating of 4 starsでは当社のE-Series Smart TV※3が高く評価されたほか、Reviewed.comの2015年Editors’ Choice賞では当社のM-Series 4K Ultra HD Smart TV※4が受賞を果たし、2014年のSound & VIZIOn’s Top Picksでは42インチと54インチのホームシアター用サウンドバーシステムが選ばれました。詳しい情報は、888-VIZIOCEまでお問い合わせいただくか、あるいはウェブサイトをご参照ください。

      © 2015 VIZIO, Inc. VIZIO、Vのロゴ、 VIZIO Internet Apps Plus、Active LED Zonesおよび他の用語およびフレーズは、VIZIO, Inc.の商標または登録商標です。他のすべての商標およびロゴは、それぞれの所有者に属しています。All rights reserved.

      ※1 2014年1月より12月まで米国で発売されたサウンドバーユニットについてのNPD Group/Retail Tracking Serviceの調査。

      ※2 内蔵アプリと336 x 768以上の解像度のディスプレーが付属し、2014年1月より12月まで米国で発売されたLCDテレビユニットについてのNPD Group/Retail Tracking Serviceの調査。

      ※3 2015年6月6日に発表された、 2015年のVIZIO E-Seriesについての評価の全文は、こちらでご覧いただけます。

      ※4 2015年6月29日に発表された、2015年のVIZIO M-Seriesについての評価の全文は、 こちらでご覧いただけます。

      ドルビーラボラトリーズについて

      ドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB)はモバイル端末、映画館、家庭、仕事環境でエンタテインメントとコミュニケーションを環境に合わせて変換するオーディオ、ビデオ、ボイス技術を開発しています。50年近くにわたり、視聴覚体験はドルビーによってさらに鮮明でクリア、そしてパワフルなものとなりました。ドルビーラボラトリーズについて詳細はこちらにアクセスしてください。

      ※Dolby、ドルビー及びダブルD記号はドルビーラボラトリーズの登録商標です。その他の商標はそれぞれの合法的権利保有者の所有物です。

      ※その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

    • プレスリリース

      Dolby Japan の最新のプレスリリースを見る。