• プレスリリース

    • MStar、4K Ultra HD TV向けSoCにドルビービジョンを採用

      2015年10月14日サンフランシスコ発

      ※当リリースは抄訳版です。実際のリリースは英文をご覧下さい。

      ドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB、以下ドルビー:日本法人 ドルビージャパン株式会社:代表取締役社長 大沢幸弘)は本日、ディスプレイおよびデジタルホームソリューション向け半導体メーカー大手のMStar Semiconductor, Inc(以下、MStar)と協業し、2016年よりハイダイナミックレンジ(以下、HDR)対応テレビ向けにドルビービジョン採用4K Ultra HD対応システム・オン・チップ(以下、SoC)の提供を開始することを発表しました。ドルビーとの密接な協業により、ドルビービジョンを最適化して同社の強力な映像処理エンジンに組み込むことで、MStarは堅牢でコスト効率の高いSoCをテレビメーカーに提供し、次世代の劇的な視聴体験の実現への貢献を期待されています。

      ドルビービジョンはOTTオンラインストリーミングやビデオオンデマンド、放送、Ultra HD Blu-ray™、ゲームアプリケーションにおいて、Ultra HDやHDビデオ信号の忠実性を高めます。現在、最先端のカメラはすでに撮影時、従来のテレビ画面に映し出せる以上の映像情報を収録可能ですが、制作者はついに、ドルビービジョン対応テレビでそれらを忠実に再生できるようになります。

      ドルビービジョンVS10ユニバーサルHDR再生ソリューションは、ドルビービジョンのデュアルレイヤーとシングルレイヤー両方のストリームに対応し、またSMPTE ST 2084に準拠した他のHDRプロファイルにも対応しています。これにより、ディスプレイでピーク輝度やローカルコントラスト、より幅広い色域を組み合わせた色の表現力を駆使し、家庭での視聴体験の質を劇的に高めます。

      MStarのテレビ事業ユニット担当ゼネラルマネージャーのショーン・リン氏は、以下のように述べています。「MStarはいち早くドルビービジョンを採用し、当社が持つディスプレイ技術のノウハウを活かしてHDRエンジンを最適化し、ドルビービジョンをより幅広い種類のテレビで実現できるよう、過去2年間にわたってドルビーと協力してきました。テレビ業界において4K Ultra HD時代に向けた取り組みが拡大する中、MStarは最高の性能を発揮するSoCソリューションを提供し、今だけでなく将来においてもお客様のニーズに対応できるよう、最善を尽くします。MStarの4K Ultra HD SoCにドルビービジョンVS10を組み込むことによって、テレビ業界では細部に至るまで鮮明で、これまでテレビ画面では見られなかったほどくっきりとした陰影や豊かな色彩を持つ、息をのむようなHDR映像を視聴者に届けられるようになります。」

      ドルビーラボラトリーズの放送事業部門担当シニアバイスプレジデントのジャイルズ・ベイカーは今回の協業について、以下のように述べています。「MStarが高品質なHDR体験の実現のために、自社の主力製品であるTV用チップセットへのドルビービジョンの組み込みに熱意をもって取り組んでくださっていることを非常に嬉しく思います。今後、我々のOEMパートナーである多数のテレビメーカー各社と密接に協力し、MStarのSoC採用によってドルビービジョンの画期的な視聴体験を消費者の皆様にお届けできるものと大いに期待しています。」

      MStar Semiconductor社について

      MStar Semiconductor(MStar)は、民生用電子機器および通信アプリケーションを対象とする特定用途向け集積回路(ASIC)における世界的な有力企業です。2002年の創業以来、最先端の設計ノウハウを最大限に活かし、これを中核として継続的な革新に取り組み、顧客重視の付加価値の高いサービスを提供することで、LCDコントローラ、アナログおよびデジタルテレビ、セットトップボックスの分野で強力なブランドを構築し、リーダーとしての地位を確立しています。MStarは台湾に本社を置き、研究開発およびカスタマーサポート拠点を国外で展開して、多様な民生用電子機器向けに広範なトータルソリューションを全世界に向けて提供しています。詳細についてはWebサイトをご覧ください。

      ドルビービジョンについて

      ドルビービジョンは画期的な映像技術であり、驚異的な輝度、比類のないコントラストと魅力的な色彩で視聴体験を劇的に向上し、OTTでのオンラインストリーミングや放送、ゲームアプリケーションを通じて、現実そのもののようなエンタテインメント映像の配信を可能にします。

      ほとんどのコンテンツは、被写体本来の色彩や輝度を保持する技術で録画およびレンダリングされていますが、そのデータの多くは視聴者に届くまでに失われてしまいます。これは、現在のカラーグレーディング基準が旧式技術に基づいていることから、色表現を制限されているため映像の元素材が伝送や再生される前に、色彩、輝度、コントラストを劇的に低減せざるを得ないからです。

      ドルビービジョンはこのような状況を変えます。クリエイターが自在に全色域、ピークハイライトや輝度、コントラストを駆使し、ドルビービジョン対応テレビでそれらが忠実に再生されることに確信を持てます。

      ドルビービジョンVS10は汎用のHDR再生ソリューションとして、ドルビービジョンのコンテンツだけでなく、SMPTE ST 2084標準をベースにしたその他のHDRプロファイルも1つの統合ソリューションを通じて再生することができます。このため、入門レベルからハイエンドまでのあらゆる再生機器で、それぞれのハードウェアの性能を最大限に活かして、最高の画質、且つ高品質なHDRの映像を視聴することができます。

      ドルビーラボラトリーズについて

      ドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB)はモバイル端末、映画館、家庭、仕事環境でエンタテインメントとコミュニケーションを環境に合わせて変換するオーディオ、ビデオ、ボイス技術を開発しています。50年近くにわたり、視聴覚体験はドルビーによってさらに鮮明でクリア、そしてパワフルなものとなりました。ドルビーラボラトリーズについて詳細はこちらにアクセスしてください。

      ※Dolby、ドルビー及びダブルD記号はドルビーラボラトリーズの登録商標です。その他の商標はそれぞれの合法的権利保有者の所有物です。

      ※その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

    • プレスリリース

      Dolby Japan の最新のプレスリリースを見る。