• プレスリリース

    • 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」がドルビーシネマで公開

      ドルビービジョンとドルビーアトモスでマスタリング

      2015年11月16日サンフランシスコ発

      ※当リリースは抄訳版です。実際のリリースは英文をご覧下さい。

      ドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB、以下ドルビー:日本法人 ドルビージャパン株式会社:代表取締役社長 大沢幸弘)とウォルト・ディズニー・スタジオは本日、12月18日より公開の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (Star Wars: The Force Awakens)」がドルビーシネマで公開されることを発表しました。ドルビービジョンとドルビーアトモスを採用したドルビーシネマは、驚異的な映像と音響を最適な内装設計で再生し、完全なシネマ体験を実現する、興行会社と映画ファンのためのプレミアムなシネマシステムで、観客は、映画館を訪れるたび最高に魅惑的なシネマ経験ができます。

      ドルビーシネマは制作者の視点を忠実に再現する為に開発され、ドルビーの優れた映像、音響技術によって映画のおもしろさを最大限に引き出し、映画制作のあり方を変革します。最先端の映像、音響、再生環境を組み合わせることによって、映画作品本来の姿を、ありのままで提供します。

      「スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (Star Wars: The Force Awakens)」の脚本家兼プロデューサー兼監督J.J.エイブラムス氏は以下のように述べています。「ドルビーシネマの技術は、壮大な、最高品質の映画体験を可能にします。スター・ウォーズ サーガの継続に貢献できたことは、大変光栄です。また、みなさんがフォースの覚醒を、力強いドルビー体験と共にご覧になることを心待ちにしています。」

      ドルビーラボラトリーズのプレジデント兼CEOケビン・イェーマンは以下のように述べています。「ドルビーは1977年、スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望の公開当初から、スター・ウォーズの制作に深く関わっています。スター・ウォーズ/フォースの覚醒は過去、最も待望されている作品の一つであり、引き続き当社が最先端の映画制作、および再生技術を提供し、ドルビーシネマだけが実現できる体験をスター・ウォーズの観客の皆様にお楽しみいただけることを大変光栄に思っております。」

      ドルビーシネマはドルビービジョンの映写システムを採用しており、最新の光学および映像処理技術でハイダイナミックレンジと高度な色彩技術、コントラスト比を可能にし、現在市場で提供されているあらゆる映像技術をはるかに上回る画質を実現します。その結果、驚くほど鮮明で臨場感あふれる映像が豊かで繊細な視聴体験を提供し、観客は映画の世界に実際に入り込んだような感覚を味わうことができます。

      ドルビーシネマは、高い評価を受けている音響技術、ドルビーアトモスも採用されており、観客の頭上を含めて映画のサウンドを劇場内のどこにでも自在に移動させることができ、驚くほど豊かで深みのあるサウンドを実現し、音楽、人、周辺環境が現実と同じような音を出し、アクションに合わせて劇場全体に流れるため、まるでその場にいるような、感動的な体験を生み出します。

      「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」について

      ルーカス・フィルムとJ・J・エイブラムス監督がタッグを組み、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (Star Wars:The Force Awakens)」によるスター・ウォーズの劇場への帰還とともに、再びみなさんを銀河系のはるか彼方に呼び戻します。ハリソン・フォード、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャー、アダム・ドライバー、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、ルピタ・ニョンゴ、アンディ・サーキス、ドーナル・グリーソン、アンソニー・ダニエルズ、ピーター・メイヒュー、マックス・フォン・シドーなどが出演、キャスリーン・ケネディ、J・J・エイブラムス、ブライアン・バークが制作、トミー・ハーパー、ジェイソン・マクガトリンが製作総指揮を務めます。脚本はローレンス・カスダンおよびJ・J・エイブラムス、マイケル・アーントが執筆です。

      ドルビーシネマについて

      ドルビーシネマは完全なシネマ体験を実現します。映像と音響の強力な技術の組み合わせに、創造性あふれるデザインを加え、観客は映画館を訪れるたびに最高に魅惑的な体験を堪能できます。ドルビーシネマには、映画館のスクリーン上でストーリーを生き生きと描き出す最先端の映像編集・再生技術であるドルビービジョンとドルビーアトモスが投入され、驚くほどリアルなサウンドが館内を満たし、観客の回りを包み込んだサウンドが移動することで、観客を映画の世界にいざないます。これらの技術の組み合わせに洗練された独自のデザインが加わり、ドルビーシネマではすべてが一体化されて映画館を訪れる人を一層深くストーリーに引き込み、映画鑑賞をイベント体験に変えていきます。Dolby Cinema at AMC Prime™、オランダのJT Bioscopen、スペインのUCI Cinesa、オーストリアのCineplexxの各所在地を始め、ドルビーシネマの詳細についてはこちらをご覧ください。

      ドルビーラボラトリーズについて

      ドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB)はモバイル端末、映画館、家庭、仕事環境でエンタテインメントとコミュニケーションを環境に合わせて変換するオーディオ、ビデオ、ボイス技術を開発しています。50年近くにわたり、視聴覚体験はドルビーによってさらに鮮明でクリア、そしてパワフルなものとなりました。ドルビーラボラトリーズについて詳細はこちらにアクセスしてください。

      ※Dolby、ドルビー及びダブルD記号はドルビーラボラトリーズの登録商標です。その他の商標はそれぞれの合法的権利保有者の所有物です。

      ※その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

    • プレスリリース

      Dolby Japan の最新のプレスリリースを見る。