• プレスリリース

    • ドルビーとVUDU、没入型のサウンドと先進の映像技術で未来のホームシアター体験を提供

      ドルビーアトモスとドルビービジョンでマスタリングされたワーナー・ブラザース作品の視聴が可能に

      2015年11月17日サンフランシスコ発

      ※当リリースは抄訳版です。実際のリリースは英文をご覧下さい。

      ドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB、以下ドルビー:日本法人 ドルビージャパン株式会社:代表取締役社長 大沢幸弘)は本日、VUDUの動画サービスにおいて、ドルビービジョンでリマスタリング、ドルビーアトモスでミキシングされたワーナー・ブラザース作品が視聴可能になったことを発表しました。これにより、完全なホームシアター体験が実現します。VIZIO Reference Seriesなどのドルビービジョン対応テレビや、ドルビーアトモス対応のホームシアター製品の利用者は、多様な次世代エンタテインメント コンテンツをVUDUでお楽しみいただけます。

      ドルビービジョンやドルビーアトモスを含む、ドルビーの没入型のサウンドと映像技術は、消費者に完全な次世代ホームエンタテインメント体験を提供します。ドルビービジョンはテレビの視聴体験を劇的に変える画期的な映像技術です。映像の輝度とコントラスト比を驚くほど向上させて色彩の表現力を高め、臨場感あふれるエンタテインメント体験を可能にします。これまでの映像と比べ、より高輝度なハイライト、今までにない幅広さで明暗を表現できるコントラスト、これまでテレビで見ることのできなかった色彩表現を可能にする革新的なハイダイナミックレンジ技術によって、圧倒的な画質を実現します。ドルビーアトモス対応のホームシアター製品では、サウンドが部屋全体を3次元で移動し、力強い没入感、感情に訴えかけるような音場と視聴体験を生み出します。これらの画期的な技術が一体となり、視聴者に比類のないホームエンタテインメント体験を提供します。

      ドルビーラボラトリーズのコンテンツソリューション&インダストリーリレーションズ部門シニアバイスプレジデントのカート・ベルマーは以下のように述べています。「ドルビーは、ドルビービジョンとドルビーアトモスによるエンタテインメントコンテンツをお客様へお届けできることを、大変嬉しく思っております。この展開によって、家庭での映画視聴体験がさらに進化し、非常に鮮明な色彩、大きなコントラスト比、没入感あふれるサウンドで映画をお楽しみいただけるようになります。」

      ドルビービジョン対応のVIZIO Reference Series 4Kテレビと、ドルビーアトモス対応のサウンドバーまたはAVR、およびホームシアターシステムにより、VUDUからドルビービジョンとドルビーアトモスの両方の形式で映画をストリーミングで視聴できます。

      ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントは、ドルビービジョンとドルビーアトモスの両方で視聴可能な4K Ultra HD対応映画作品の拡充を進めており、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、『0011ナポレオン・ソロ』、『死霊高校』、『カリフォルニア・ダウン』、『アメリカン・スナイパー』、『マン・オブ・スティール』、『ジュピター』、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』、『イントゥ・ザ・ストーム』が視聴可能となります。VUDUでは、ドルビービジョンのみに対応した4K Ultra HD作品、『お!バカんす家族』、『フォーカス』、『Get Hard』、『ラン・オールナイト』、『LEGO® ムービー』、『華麗なるギャツビー』、『シャーロック・ホームズ』、『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』、『ハングオーバー!』シリーズ、『マジック・マイク XXL』なども視聴可能です。

      ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントのアメリカ地域プレジデントのジム・ブュートリッヒ氏は以下のように述べています。「当社の作品がドルビービジョン対応4K Ultra HDと、ドルビーアトモスの息をのむような音質でリマスタリングされたことで、お客様に臨場感あふれる視聴体験を提供し、圧倒的な映像と音響の世界に浸っていただけることを確信しています。」

      VUDUのプロダクト部門バイスプレジデントのスコット・ブランクスティーン氏は以下のように述べています。「VUDUは、これまで常に最高のデジタルホームエンタテインメント体験を提供してきました。当社は、かつてHDXフォーマットにより高精細デジタルビデオの先頭を走っていました。今回、ドルビービジョンとドルビーアトモスを採用した映画作品を提供することで、お客様に再び最高の映像と音響体験をいち早く楽しんでいただける機会をお届けできます。」

      コンテンツ制作から配信、再生まで利用できるドルビービジョンとドルビーアトモスは、エンドツーエンドソリューションとして、ハリウッドの著名映画監督、大手制作スタジオの上層部、OTTサービスプロバイダー、テレビメーカー、通信事業者など、世界中のエコシステムにおける重要なパートナーから支持されています。

      ドルビービジョンについて

      ドルビービジョンは視聴体験を劇的に変える画期的な映像技術です。動画配信における映像の輝度とコントラスト比を驚くほど向上させて色の表現力を高め、OTTオンラインストリーミングや放送、ゲームアプリケーションを通じて臨場感あふれるエンタテインメント体験の提供を可能にします。

      ドルビーアトモスについて

      ドルビーアトモスは、頭上を含め部屋のどの位置にでも特定の音を定位または移動させ、魅力的な多次元サウンドを提供して、視聴者がどこにいても生き生きとしたエンタテインメントを届けます。

      ドルビーラボラトリーズについて

      ドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB)はモバイル端末、映画館、家庭、仕事環境でエンタテインメントとコミュニケーションを環境に合わせて変換するオーディオ、ビデオ、ボイス技術を開発しています。50年近くにわたり、視聴覚体験はドルビーによってさらに鮮明でクリア、そしてパワフルなものとなりました。ドルビーラボラトリーズについて詳細はこちらにアクセスしてください。

      ※Dolby、ドルビー及びダブルD記号はドルビーラボラトリーズの登録商標です。その他の商標はそれぞれの合法的権利保有者の所有物です。

      ※その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

    • プレスリリース

      Dolby Japan の最新のプレスリリースを見る。