• プレスリリース

    • ドルビーラボラトリーズ メトロ・ゴールドウィン・メイヤー・スタジオとユニバーサル・ピクチャーズ・ホーム・エンターテイメントから、ホームエンタテインメント配信パートナー向けドルビービジョン対応作品が提供されることを発表

      2016年中に幅広いジャンルのドルビービジョン対応作品が発表予定

      2016年1月7日

      2016年1月5日ラスベガス発 (当リリースは抄訳版です。実際のリリースは英文をご覧下さい。)

      ドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB、以下ドルビー:日本法人 ドルビージャパン株式会社:代表取締役社長 大沢幸弘)と、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー・スタジオ(MGMスタジオ)、ユニバーサル・ピクチャーズ・ホーム・エンターテイメントの3社は本日、ハイダイナミックレンジ(HDR)フォーマットおよび再生ソリューションであるドルビービジョンでマスタリングした新旧作品を、今年からホームエンタテインメント配信パートナー向けに提供する計画を発表しました。

      ドルビービジョンは、HD映像と4K映像の両方の技術を補完し、テレビの視聴体験を劇的に変える画期的な映像技術です。映像の輝度とコントラスト比を驚くほど向上させて、色彩の表現力を高め、臨場感あふれるエンタテインメント体験を可能にします。より高輝度なハイライト、かつてない幅広さで明暗を表現できるコントラスト、これまでテレビで再現できなかった色彩表現を可能にする革新的なHDR技術によって、圧倒的な画質が実現します。

      MGMスタジオのエグゼクティブバイスプレジデント、ホセ・グティエレス氏は、以下のように述べています。「4K UHDコンテンツの普及が進むなか、家庭での視聴体験の質を高め、当社のドルビービジョンHDR対応コンテンツを視聴者の皆様にお届けできますことをたいへん嬉しく思います。」

      ドルビービジョンは、これまで既存のテレビでは再現できなかった色も含め、すべての輝度領域で極めて鮮明な色彩と豊かな色調をカバーし、最も強いネオンの光から、最も繊細な花々の影、また赤いロンドンの2階建てバスの本来の赤色まで、あらゆる色彩を再現します。深い陰影により、これまでになかった映像の重厚感と精密さを再現し、すべてのシーンがよりリアルで繊細なものとして映し出されます。

      ユニバーサル・ピクチャーズ・ホーム・エンターテイメントのデジタルディストリビューション部門エグゼクティブバイスプレジデント、マイケル・ボナー氏は以下のように述べています。「ドルビーの協力のもと、当社の映画作品を最高のフォーマットで消費者の皆様に視聴していただけるようになることは、この上ない喜びです。ドルビービジョンによって、ホームエンタテインメントの視聴者の皆様にかつてない感動的な映画体験をお届けすべく、一丸となって取り組んでいます。」

      エンドツーエンドソリューションであるドルビービジョンは、コンテンツの制作から配信に実用できるほか、ユニバーサル再生フォーマットでもあります。ドルビービジョンは、ハリウッドの著名映画監督や、世界の大手制作スタジオの上層部、OTTサービスプロバイダー、テレビメーカーなど、世界中のエコシステムの重要なパートナーからすでに支持されています。

      ドルビーラボラトリーズのコンテンツソリューション&インダストリーリレーションズ部門シニアバイスプレジデント、カート・ベルマーは以下のように述べています。「ドルビーでは、MGMスタジオとユニバーサル・ピクチャーズ・ホーム・エンターテイメントと協力して、両社の様々な作品群と魅力的な新作にドルビービジョンの技術を提供できることをたいへん嬉しく思っています。3社のパートナーシップにより、ドルビービジョンの強力なコンテンツ供給と独自の視聴体験を視聴者に確実に届けられるようになることでしょう。」

      ドルビービジョンについて

      ドルビービジョンは視聴体験を劇的に変える画期的な映像技術です。動画配信における映像の輝度とコントラスト比を驚くほど向上させて色の表現力を高め、OTTオンラインストリーミングや放送、ゲームアプリケーションを通じて臨場感あふれるエンタテインメント映像配信を可能にします

      ドルビーラボラトリーズについて

      ドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB)はモバイル端末、映画館、家庭、仕事環境でエンタテインメントとコミュニケーションを環境に合わせて変換するオーディオ、ビデオ、ボイス技術を開発しています。50年近くにわたり、視聴覚体験はドルビーによってさらに鮮明でクリア、そしてパワフルなものとなりました。ドルビーラボラトリーズについて詳細はこちらをご参照ください。

      Dolby、ドルビーおよびダブルD記号はドルビーラボラトリーズの登録商標です。Dolby Visionはドルビーラボラトリーズの商標です。

      その他の商標はそれぞれの合法的権利保有者の所有物です。

    • プレスリリース

      Dolby Japan の最新のプレスリリースを見る。