• プレスリリース

    • Wanda Cinema Lineとドルビーラボラトリーズ、中国国内100カ所でドルビーシネマを展開

      ドルビービジョン対応レーザープロジェクター、ドルビーアトモス、創造性あふれるデザインを組み合わせたドルビーシネマが今年中国に上陸

      2016年1月28日

      2016年1月27日サンフランシスコ発 / 2016年1月28日北京発 (当リリースは抄訳版です。実際のリリースは英文をご覧下さい。)

      Wanda Cinema Line(萬達電影院線、以下Wanda)とドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB、以下ドルビー:日本法人 ドルビージャパン株式会社:代表取締役社長 大沢幸弘)は本日、両社提携のもと、今春オープン予定である中国初のドルビーシネマ導入劇場を筆頭に、今後5年間に中国国内100カ所でドルビーシネマ導入劇場を展開する計画を発表しました。ドルビービジョンとドルビーアトモスを採用したドルビーシネマは、驚異的な映像と音響を最適な内装設計で再生し、完全なシネマ体験を実現する、興行会社と映画ファンのためのプレミアムシネマシステムで、観客は、映画館を訪れるたび最高に魅惑的な映画経験ができます。

      Wanda Cinema Lineのプレジデント、ジョン・ズオン氏は、以下のように述べています。「中国の映画館チェーンとして初めてドルビーシネマを採用し、最高級の映画体験を中国国内のお客様に提供できることを楽しみにしています。我々は最新鋭の映写技術を取り入れ、最高の映画視聴体験を観客の皆様にご提供できるよう、常に最善を尽くしています。ドルビーシネマの数多くの賞を受賞した音響・映像技術や創造性あふれるデザインによって、Wanda Cinemaの映画館を訪れる映画ファンに、他では味わうことのできない体験をお楽しみいただけます。」

      ドルビーラボラトリーズのプレジデント兼CEOのケビン・イェーマンは、以下のように述べています。「ドルビーとWanda Cinema Lineの提携は、次世代シネマ体験の世界規模での展開において大きな躍進を意味します。ドルビーシネマは、色彩豊かで生き生きとした映像や臨場感あふれるサウンドで他では味わえない体験を提供し、中国のお客様に、より深く映画の世界に浸ってもらうことができます。Wandaがドルビーの展望に共感してくださったことは大変喜ばしく、今後、お客様に忘れられない体験を提供していけるものと大いに期待しています。」

      ドルビーシネマはドルビービジョンの映写システムを採用しており、最新の光学および映像処理技術でハイダイナミックレンジと高度な色彩技術、コントラスト比を可能にし、現在市場で提供されているあらゆる映像技術をはるかに上回る画質を実現します。その結果、驚くほど鮮明で臨場感あふれる映像が豊かで繊細な視聴体験を提供し、観客は映画の世界に実際に入り込んだような感覚を味わうことができます。

      ドルビーシネマは、高い評価を受けている音響技術、ドルビーアトモスも採用されており、観客の頭上を含めて映画のサウンドを劇場内のどこにでも自在に移動させることができ、驚くほど豊かで深みのあるサウンドを実現します。これらのドルビー技術、創造性あふれるデザインと快適性を組み合わせたドルビーシネマで、観客はスクリーン上のアクションを一層身近に感じることができます。

      Wanda Cinema Lineについて

      2005年に設立したWanda Cinema Line Corporation Limitedは、Wonda Groupのグループ企業の一つです。2015年12月31日時点で、中国国内110都市で240館、2,133スクリーンを運営していました。Wanda Cinemaは2015年の中国市場の映画興行収入において約14%を占めており、国内市場でナンバーワンを獲得しました。2015年に6億元の興行収入がありました。

      ドルビーシネマについて

      2015年度 レッドドット・デザイン賞を受賞したドルビーシネマは完全なシネマ体験を実現します。映像と音響の強力な技術の組み合わせに、創造性あふれるデザインを加え、観客が映画館を訪れるたびに最高に魅惑的な体験を堪能できます。ドルビーシネマには、ドルビービジョンとドルビーアトモスという、ドルビー独自の技術が採用されています。最先端の映像編集・再生技術であるドルビービジョンにより、映画のストーリーがスクリーン上で生き生きと描き出されます。ドルビービジョンの映写システムはハリウッドポストアライアンスアワードで2015年の優秀技術賞を受賞しています。ドルビーシネマはドルビーアトモスを採用することで館内が驚くほどリアルなサウンドで満たされ、観客の周りを包み込んだサウンドが移動することで、観客を映画の世界にいざないます。ドルビーアトモスはハリウッドポストアライアンスアワードおよび映画音響協会賞の両方で優秀技術賞を受賞しています。

      これらの技術の組み合わせに洗練された独自のデザインが加わり、ドルビーシネマはすべてが一体化されて映画館を訪れる人を一層深くストーリーに引き込み、映画鑑賞をイベント体験に変えていきます。詳細については、ドルビーシネマのウェブサイトをご覧ください。ドルビーシネマは発表からわずか1年で、世界各国で200館を超える映画館で採用、もしくは採用が決定しており、これまで18本の新作映画がドルビーシネマ採用の映画館で上映もしくは公開を決定しています。

      詳細については、ドルビーシネマのページ(U.S.サイト)をご覧ください。

      ドルビーラボラトリーズについて

      ドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB)はモバイル端末、映画館、家庭、仕事環境でエンタテインメントとコミュニケーションを環境に合わせて変換するオーディオ、ビデオ、ボイス技術を開発しています。50年近くにわたり、視聴覚体験はドルビーによってさらに鮮明でクリア、そしてパワフルなものとなりました。ドルビーラボラトリーズについて詳細はこちらをご参照ください。

      Dolby、ドルビー、Dolby Cinema、Dolby AtmosおよびダブルD記号はドルビーラボラトリーズの登録商標です。

      その他の商標はそれぞれの合法的権利保有者の所有物です。

    • プレスリリース

      Dolby Japan の最新のプレスリリースを見る。