• プレスリリース

    • ドルビーラボラトリーズ、ソニーのサウンドバーHT-ST5000とマルチチャンネルインテグレートアンプSTR-DN1080にドルビーアトモスが搭載されることを発表

      2017年1月5日

      2017年1月4日サンフランシスコ発、1月5日東京発 (当リリースは抄訳版です。実際のリリースは英文をご覧下さい。)

      ドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB、以下ドルビー:日本法人 ドルビージャパン株式会社:代表取締役社長 大沢幸弘)は本日、ソニーのサウンドバーHT-ST5000とマルチチャンネルインテグレートアンプSTR-DN1080に、ドルビーアトモスが搭載されることを発表しました。

      ドルビーアトモスは、頭上を含む、部屋のあらゆる位置に特定の音を定位または移動させ、魅力的な多次元サウンドを提供し、視聴者がどこにいても生き生きとしたエンタテインメントを届けます。ドルビーアトモスは、音楽、映画、テレビ番組、ビデオゲームなど、あらゆるエンタテインメント体験の効果を最大限に引き出します。

      ソニーのドルビーアトモス搭載サウンドバーHT-ST5000とマルチチャンネルインテグレートアンプSTR-DN1080は、どちらも2017年春に北米で先行発売し、のちに世界各国で発売予定です。ソニーのサウンドバーHT-ST5000は、オブジェクトおよびチャンネルベースコンテンツの音声を頭上で再現するための基準、ドルビーアトモス規格に準じた、上向きスピーカーを1組装備しています。さらに、このサウンドバーは、ドルビーサラウンドアップミキサーを内蔵しているので、音声をデコード後、上向きスピーカーを含む、全てのサウンドバー内蔵スピーカーから音声を出力し、あらゆるチャンネルベースのコンテンツでより一層、没入感を引き出します。

      ドルビーラボラトリーズのコンシューマーエンタテインメントグループ担当シニアバイスプレジデント、ジャイルズ・ベイカーは、以下のように述べています。「ソニーから初めて、ドルビーアトモスを搭載したサウンドバーが登場することは、高音質の重要性と、それが世界中のエンタテインメント体験に及ぼす影響力の大きさを物語っています。ソニーのような一流メーカーが、ドルビーアトモス搭載製品を市場に続々と投入することで、世界中でさらに多くの消費者が、今なお増え続けるドルビーアトモス採用コンテンツを体験できるようになるでしょう。」

      現在、VuduなどのOTTストリーミングサービスプロバイダーが25作品をドルビーアトモスで公開しています。150作品以上のBlu-rayディスクがドルビーアトモスのサウンドトラックで収録されており、60パーセント以上の発売済みUHD Blu-rayディスクでドルビーアトモスが採用されています。

      ソニービデオ&サウンドプロダクツ株式会社V&S事業部、事業部長の松本義典氏は以下のように述べています。「HT-ST5000は、ドルビーアトモスと当社独自のS-Force PRO フロントサラウンドテクノロジーの組み合わせにより、サウンドバーを接続するだけで臨場感ある最上級のサウンド体験を提供します。HT-ST5000は、テレビの前に設置できるコンパクト設計のサウンドバーなので、簡単にご家庭で究極のホームシアターエンタテイメントを実現して頂けます。」

      ドルビーアトモスについて

      ドルビーアトモスは、頭上を含め部屋のどの位置にでも特定の音を定位または移動させ、魅力的な多次元サウンドを提供して、視聴者がどこにいても生き生きとしたエンタテインメントを届けます。ドルビーアトモスの詳細については、こちらをご覧ください。

      ドルビーラボラトリーズについて

      ドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB)はモバイル端末、映画館、家庭、仕事環境でエンタテインメントとコミュニケーションを環境に合わせて変換するオーディオ、ビデオ、ボイス技術を開発しています。50年以上にわたり、視聴覚体験はドルビーによってさらに鮮明でクリア、そしてパワフルなものとなりました。ドルビーラボラトリーズについて詳細はこちらをご参照ください。

      Dolby、ドルビー、Dolby AtmosおよびダブルD記号は ドルビーラボラトリーズの登録商標です。

      その他の商標はそれぞれの合法的権利保有者の所有物です。

    • プレスリリース

      Dolby Japan の最新のプレスリリースを見る。