• プレスリリース

    • ドルビー、未来のエンタテインメントを実現

      CESでドルビービジョンとドルビーアトモスの採用事例を展示

      2017年1月7日

      2017年1月6日サンフランシスコ発 (当リリースは抄訳版です。実際のリリースは英文をご覧下さい。)

      ドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB、以下ドルビー:日本法人 ドルビージャパン株式会社:代表取締役社長 大沢幸弘)は今週ラスベガスで開催のConsumer Electronics Show (CES)において、未来のコンシューマーエンタテインメントを展示し、Lenovo、LG、P&F USA (Philips)、ソニー、TCLをはじめとする先進グローバルブランドとの協業により、放送、オーバーザトップ(OTT)ストリーミング、Ultra HD Blu-ray、ゲーム、音楽で、どのように驚異的な映像およびオーディオ体験を提供しているかをデモしています。ドルビーはCESで発表された、続々登場するドルビービジョン、およびドルビーアトモス対応製品やコンテンツと共に、あらゆる分野で世界中のパートナーと協業を推進してきました。

      ドルビーのプレジデント兼CEO、ケビン・イェーマンは以下のように述べています。「ドルビーは、世界中の消費者の視聴覚体験を、ドルビービジョンとドルビーアトモスによって変革しています。新たにソニーが、ドルビービジョン体験を消費者に提供しているLG、TCL、Vizioほかの大手メーカーに加わることで、ドルビービジョンに対する業界の支持は高まっています。またこの度初めて、LGから2017年の有機ELテレビ、OLED TVが登場することにより、消費者はドルビービジョンとドルビーアトモスを1台の製品で楽しめるようになります。」

      ドルビービジョンとドルビーアトモスの組み合わせが1台の製品で登場

      ドルビーは、映画館の高度な音声および映像技術を家庭向けに普及させてきました。その深い専門知識が、この度ドルビービジョンとドルビーアトモスの両方を初めて1台の製品に統合し、圧倒的なエンタテインメント体験を消費者に提供します。

      • ドルビーとLG Electronicsは、ドルビービジョンのHDR (ハイダイナミックレンジ)映像と、ドルビーアトモスの画期的なオーディオを組み合わせた、新しいホームエンターテインメント体験を提供する有機ELテレビ、LG 2017 OLED TVを発表しました。これにより消費者は、コンテンツを最先端の画質とサウンド技術に対応した、1台の製品で楽しめるようになります。

      ドルビービジョン採用の加速

      ドルビーは、世界的な一流テレビメーカーであるLG、Philips、ソニー、TCLの4社との新たな、また継続的なパートナーシップを発表しました。これにより、ドルビービジョンを採用する世界のテレビメーカーは、合計7社となりました。テレビに加え、2017年初旬にLGとPhilipsの最新Ultra HD Blu-rayプレーヤーが、ソフトウェアアップデートによってドルビービジョンに対応することを発表しました。

      • 新たに発表されたLG のOLED TV製品群に加え、LGのSuper UHD TVは2017年も引き続き、ドルビービジョンを採用します。これらの製品は、今後ソフトウェアアップデートによってドルビービジョンに対応する、LGのUP970 Ultra HD Blu-rayプレーヤーと合わせて使用できます。
      • ドルビーとソニーの協業により、新たに発表されたソニーのプレミアム4K HDRテレビ製品群にドルビービジョンが採用されることとなりました。これにより、ソニーの世界中のお客様が、ドルビービジョンの驚異的なHDR体験を家庭で楽しめるようになります。
      • P&F USAとドルビーは、Philipsブランドの新しい4K Ultra HDテレビと、4K Ultra HD Blu-rayプレーヤーにドルビービジョンが搭載されることを発表しました。2017年のPhilips 4K Ultra HD 6000、7000、8000シリーズのテレビは、すべてが追加設定なしでドルビービジョンに対応します。Philipsの4K Ultra HD Blu-rayプレーヤーBDP7502は、今後PhilipsからのソフトウェアアップデートによってUltra HD Blu-rayディスクのドルビービジョンに対応します。
      • TCLは、同社のCシリーズおよびPシリーズのテレビ製品群がドルビービジョンに対応することを発表しました。

      コンテンツ制作から配信、再生に至るエンドツーエンドソリューションであるドルビービジョンは、ハリウッドの一流監督や大手映画制作および配給会社、世界のテレビメーカーに支持されています。現在、オンデマンド・ストリーミングサービスでは、80作品以上の強力な作品ラインナップがドルビービジョンで配信されています。さらに、世界の大手OTTプロバイダーが、合計100時間以上のドルビービジョン対応オリジナルコンテンツを配信しています。また消費者はまもなく、2017年初旬に市場で入手可能となる予定のUltra HD Blu-rayディスクで、ドルビービジョン対応作品を楽しめるようになります。

      ドルビーアトモスの世界中における採用の拡大

      ドルビーアトモスの採用が進み、ドルビーアトモス体験が様々な分野で提供されるようになったことで、ドルビーアトモスは世界中の消費者に、より身近なものとなっています。

      • LGは、ドルビーアトモスの画期的なオーディオを採用した、新しいSJ9サウンドバーを発表しました。あらゆる家庭のインテリアを美しく飾る、スタイリッシュなデザインが採用されています。
      • ドルビーとソニーは、サウンドバーHT-ST5000と、マルチチャンネルインテグレートアンプSTR-DN1080が、ドルビーアトモスに対応することを発表しました。2017年春に北米で先行発売し、のちに世界で発売予定です。
      • オンキヨー&パイオニアは、同社で初のドルビーアトモス対応ネットワークサラウンドサウンドバーシステム、オンキヨーのSBT-A500、パイオニアのELITE FS-EB70を発表しました。
      • Lenovoとドルビーの協業により、世界初のドルビーアトモス対応PCとなる、Lenovo Legion Y720がゲーム用PC製品群の一部として発表されました。

      ドルビーラボラトリーズについて

      ドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB)はモバイル端末、映画館、家庭、仕事環境でエンタテインメントとコミュニケーションを環境に合わせて変換するオーディオ、ビデオ、ボイス技術を開発しています。50年以上にわたり、視聴覚体験はドルビーによってさらに鮮明でクリア、そしてパワフルなものとなりました。ドルビーラボラトリーズについて詳細はこちらをご参照ください。

      Dolby、ドルビー、Dolby AtmosおよびダブルD記号は ドルビーラボラトリーズの登録商標です。

      Dolby Vision はドルビーラボラトリーズの商標です。

      その他の商標はそれぞれの合法的権利保有者の所有物です。

    • プレスリリース

      Dolby Japan の最新のプレスリリースを見る。