• ホームシアターの計画

    • ホームシアターオーディオシステム用の多数のオプションを見つけましょう。

      • ホームシアターオーディオシステムの種類

        ホームシアターオーディオシステムは、以下の4つの基本的な種類の中からお選びいただけます。

        • ホームシアターセットシステム: 通常は、サラウンドサウンドスピーカー(5基)、サブウーファー(1基)、ディスクプレーヤー/アンプ(1台)。セットでユニットごとに販売されます(名前の由来)。すべてのケーブルが付属しています。
        • サウンドバー: いくつかのスピーカードライバーを搭載した細長いバー。多くのモデルには、別の、通常ワイヤレスのサブウーファーが搭載されています。
        • 単体製品の組み合わせ: オーディオ/ビデオレシーバー、スピーカー、およびその他のソースコンポーネント(ディスクプレーヤーなど)。
        • コンポーネントセパレート: 別のプリアンプ/プロセッサーおよびパワーアンプを搭載したレシーバーに代わる単体製品の組み合わせ。
      • 予算

        サウンドシステムは幅広い価格でお求めいただけます。一般的なガイドラインを以下でご紹介します。HDTVをお求めの場合は、「正しいTVを選択する」をご覧ください。. メーカーは価格を比較的安定した状態に保ちながら機能を追加し続けているため、慎重に買い物をしていただくと、お買い得品が見つかることがあります。

        価格範囲  

        • $200–$1,000:ホームシアターセット(HTIB)システム。一部のデラックスモデルには、かなり高額のものもあります。通常、ホームシアターセットシステムには小型のスピーカーが搭載されています。 
        • $200–$2,000:サウンドバーは、サラウンドサウンドシステムのためのスペースを確保できない場合に代わりにご使用いただけます。 
        • $1,000–$3,000:AVアンプをベースにしたコンポーネントホームシアターシステム。 
        • 3,000米国ドル以上: 最高級のレシーバーまたはプリアンプ/アンプセパレート、および大型スピーカーを搭載したコンポーネントホームシアターシステム。 

        基本的に、すべての装置において、投資額が多いほど、機能数が多く、最大リスニングレベルが高いものを手に入れることができます。 単体製品の組み合わせを購入予定の場合は、スピーカーで約50%の予算節約を見込むことができます。 HTIBシステム、サウンドバー、およびコンポーネントの詳細については、「サウンドに包まれる」を参照してください。  

      • 部屋

        システムの設置予定場所によって、必要なものが決まってきます。大型スピーカーは、小さい部屋では圧迫感があります。サウンドバーは、大きな部屋をサウンドで満たすことはできないでしょう。 

        計画するときは、サラウンドスピーカー、家具、および電気コードの配線経路を事前にチェックしておいてください。推奨されるスピーカー配置については、「スピーカー配置ガイド」を参照してください。

        部屋に合ったシステム

        部屋の大きさと機能に合わせるための装置ガイドラインを以下にいくつか示します。 

        • 寮の部屋など: ホームシアターセット(HTIB)システムまたはサウンドバーをご検討ください。小型スピーカーを搭載した単体製品の組み合わせもよいかもしれません。
        • アパートのリビングルーム:HTIB、サウンドバー、または小さな単体製品の組み合わせ。システムがお持ちの家具(および隣人)にどれほどうまく適応するかによって決まります。
        • 大きなリビングルーム: 単体製品の組み合わせ。部屋の中に別のホームシアターエリアを作るには、HTIBかサウンドバーが適しているかもしれません。
        • 趣味を楽しむ部屋(「男の隠れ家」): 単体製品の組み合わせ。自分だけの夢のシステムを実現できます。
        • 専用ホームシアタールーム: お手頃な価格で部屋の条件に合う最高の単体製品の組み合わせを設計しましょう。

        専用のホームシアタールームがあれば理想的かもしれませんが、これがなければ本当に楽しめるホームシアターシステムを構成できないというわけではありません。一番安いサウンドバーやHTIBシステムでも、TVスピーカーよりはるかに優れたサウンドを聴くことができます。

      • コンテンツ

        見たいものがビデオゲーム、スポーツ、映画、あるいは教育番組のいずれであっても、装置を設置すれば、そのコンテンツとメディアを生き生きとさせることができます。たとえば、ブルーレイの映画をレンタルすることがわかっている場合は、それを最初の計画に盛り込むことができます。

        検討していただきたいプログラムソースを以下に示します。 

        • 従来のTVコンテンツ(ケーブルや小型サテライトを含む) 
        • Netflix、VUDU、YouTubeを始めとするストリーミングメディア 
        • オンラインメディア(コンピューター上のビデオまたはオーディオ) 
        • ゲーム 
        • ブルーレイ、DVD、CDなどのディスク 
        • LPレコード盤 

        これらを活用するために必要なものについては、「ストリーミング、オンライン、および放送コンテンツ」を参照してください。