• ドルビーサラウンドおよびプロロジックIIエンコーダーDP563 [サポートのみ]

    • ドルビーサラウンドおよびプロロジックIIエンコーダーDP563により、アナログとデジタルステレオのあらゆるメディアを介して配信するサラウンドプログラムの制作が可能になります。

      ドルビーは現在この製品を製造していませんが、その保証に基づき、継続してサポートを行っています。詳細については、パートナー製品のリストをご覧ください。

    • ドルビーサラウンドおよびプロロジックIIエンコーダーDP563

      • すべてデジタルのエンコード処理

        すべてデジタルのドルビー®サラウンドおよびプロロジック® IIエンコーダーDP563は、ディスクリート4チャンネルまたは5チャンネルサラウンドミックスを左トータル/右トータル(Lt/Rt)ステレオにエンコードし、2チャンネルのテレビ・ラジオ放送、PCやゲーム機用のゲーム、CDによる配信を実現します。

        観客を魅了するサラウンドサウンド

        Lt/Rtにエンコードされたステレオコンテンツは、ドルビープロロジックやプロロジックIIのデコード処理機能を備えた何百万台ものホームシアターシステムで、サラウンドサウンドを供給すると同時に、ステレオやモノラルの再生と完全な互換性を保持します。

        2つのエンコード処理アルゴリズム

        ドルビーDP563では、2つのサラウンドエンコード処理アルゴリズムが提供されます。当初からのドルビーサラウンドアルゴリズムは、4チャンネルのドルビープロロジック再生での使用を意図して開発されているように、フルレンジの左、中央、右チャンネルと限定レンジのサラウンドチャンネルでLt/Rtステレオをエンコードします。

        ドルビープロロジックIIアルゴリズムは、フルレンジの5チャンネル(左、中央、右、左サラウンド、右サラウンド)でLt/Rtステレオをエンコードし、ステレオメディアでの配信が可能な、極めて自然で引き込まれるようなサラウンド体験が得られます。

        1つのミックスですべてのニーズに対応

        6つのデジタル入力チャンネルを持つDP563では、ディスクリート5.1ミックスから直接、ドルビーサラウンドまたはドルビープロロジックIIでエンコードしたステレオを作成できます。DTV用5.1コンテンツの制作者であれば、ステレオサービスを介した配信用の別ミックスを簡単に作成できます。ドルビーE 5.1コンテンツの場合、DP563は、プロダクション中に作成したメタデータを使って、制作者の指定どおりにLt/Rtステレオミックスを作成します。

      • 放送ソリューション

        最高品質のオーディオやイメージコンテンツを制作、配信、伝送するために必要となる包括的な放送業界ツール、コンテンツサービス、ソリューションについては、ドルビーにお任せください。

      • ドルビーサラウンドでのエンコード処理

        本来はドルビープロロジック再生用の4つのチャンネル

      • ドルビープロロジックIIでのエンコード処理

        ステレオで配信可能な最も自然なサラウンドの5つのフルレンジチャンネル

      • 6つのデジタル入力チャンネル

        エンコードされたステレオを5.1ミックスから直接作成

    • カスタマーサポート

      サポートの利用

      顧客アカウントまたはパートナーアカウントを使用してドルビーカスタマーポータルにログインしてサポートを受けるか、保証およびメンテナンスポリシーを読みます。

      ドルビーカスタマーポータル

      お問い合わせ

      質問またはフィードバックをお寄せください。

      お問い合わせ
      • ドルビーDP563の仕様

        オーディオサンプルレート

        • 32、44.056、44.1、47.952、および48 kHz

        周波数特性

        • L、C、Rチャンネル: 下限は20 Hz以下、上限はサンプルレートにより変動、±0.1 dB
        • Ls、Rsチャンネル(ドルビーサラウンド用): 100 Hz~7 kHz、±2 dB
        • Ls、Rsチャンネル(ドルビープロロジックII用): 下限は100 Hz以下、上限はサンプルレートにより変動、±2 dB
        • LFEチャンネル(低音効果): 20~120 Hz、±1 dB  

        全高調波歪率

        • 20 Hzから周波数特性上限で0.001%以下(Audio Precision® System Oneで測定)

        ダイナミックレンジ

        • 110 dB以上

        遅延

        • 入力から出力まで: ユーザー調整可能、最小値から100 msまで1 msまたは1ビデオフィールドずつ増加
        • 最小遅延値はサンプルレートに依存
        • 最小遅延はサポートされるすべてのサンプルレートで2 ms以下

        入力ワード長

        • 24ビット(内蔵サンプルレート変換機能が有効な場合は20ビット)

        出力ワード長

        • 16~24ビットで調整可能

        システム基準レベル

        • デフォルト: デジタルフルスケールから-20 dB、ユーザー調整可能

        テストトーンジェネレーター

        • システム基準レベルで1 kHz(公称)

        電力規格

        • 90~264 VAC、50~60 Hz、自動感知、最大25 W、中央での電源切替により動作するように設計

        寸法および重量

        • 1Uラックマウント: 44 × 483 × 305 mm(1.75 × 19 × 12インチ)
        • 正味重量: 3.9 kg(8.5ポンド)

        環境条件

        • 動作時: 0°C~50°C(32°F~122°F)、自然対流冷却、相対湿度20%~90%(非結露)
        • 非動作時: −20°C~70°C(–4°F~158°F)

        規制表示

        • 北アメリカ: この装置は、FCC規定パート15およびカナダ産業省ICES-003要件に従い、クラスAデジタルデバイスに対する制限に適合します。米国とカナダでUL規格認定を取得しています。
        • 欧州: この装置は、低電圧指令73/23/EECおよびEMC指令89/336/EECの要件に適合しており、それに応じてCEマーキングを貼付しています。

        ドルビーDP563フロントパネルの仕様

        表示と制御

        • 制御キー付き2行×16文字のLCD

        ステータスLED

        • デジタル入力のステータス、チャンネルアクティビティ、基準入力ステータス、障害、エラーを表示

        RS-232シリアルポート

        • ソフトウェアアップグレード用8ピンメスミニDINコネクター

        ドルビーDP563リアパネルの仕様

        デジタルオーディオ入力

        • メインオーディオ入力:BNCメスコネクター(ループスルー)× 3、アンバランス入力、75Ω、信号レベルはAES-3ID-1995(SMPTE 276M)準拠、外付け75Ω終端が必要
        • リファレンス入力:BNCメスコネクター(ループスルー)、アンバランス入力、75Ω、信号レベルはAES-3ID-1995(SMPTE 276M)準拠、外付け75Ω終端が必要
        • システムは最初のデジタルオーディオ入力(Dig In 1/2)または基準入力のいずれかにロック(外部クロックなしでは動作せず)

        デジタルオーディオ出力(Lt、Rt)

        • BNCメスコネクター、アンバランス入力、75Ω、信号レベルはAES-3id-1995(SMPTE 276M)準拠

        RS-485シリアルリモートコントロール入力ポート

        • ソフトウェアアップグレード用9ピンメスミニDコネクター

        メタデータ入力ポート

        • 9ピンメスDコネクター、RS-485(SMPTE 207M)、ドルビーEデコーダーDP572およびドルビーマルチチャンネルオーディオツールDP570のメタデータ出力と互換