• ドルビーマルチチャンネルドルビーデジタルエンコーダーDP569

    • ドルビーデジタルマルチチャンネルオーディオ用のリファレンスデコーダーであるDP569は、自動化された放送設備およびDVDとその他の記録メディアのマスタリングを含むデジタルテレビとディスクオーサリング用途向けに設計されています。

      ドルビーは現在この製品を製造していませんが、その保証に基づき、継続してサポートを行っています。詳細については、パートナー製品のリストをご覧ください。

    • ドルビーマルチチャンネルドルビーデジタルエンコーダーDP569のフロント

      • 包括的なドルビーデジタルエンコード処理機能

        ドルビーDP569は、56~640 kbpsの範囲にあるエンコードされたビットと、モノから5.1チャンネルサラウンドサウンドまでのチャンネル構成をサポートします。DP569は、お客様のダウンストリームAVアンプおよびデコーダーによるフォーマットの認識を可能にするドルビーデジタルサラウンドEX™のフラグなど、すべてのメタデータをサポートします。ユニットには、DVDオーサリング設備向けにリアルタイムのエンコード処理機能が装備されているため、レコーディング中に品質管理(QC)のモニタリングを行うこともできます。

        放送に負担をかけない

        世界中の何百ものTV局で実証されている信頼性を持つドルビーDP569は、放送に適した数多くの機能を提供します。このような機能の中でも、AESリファレンス入力はDP569を伝送装置のクロック基準に固定します。

        このユニットの特徴は、オーディオ入力時に選択可能なサンプルレート変換機能です。生放送でもその他の放送の用途でも、DP569では、ダウンストリームの装置と同期をとるためにバースト伝送するSMPTE 339Mタイムスタンプデータの作成が可能です。バイパス接続は、放送設備のホットスタンバイモードを有効にします。

        DVDオーサリングに最適

        LTCとVITCのタイムコード入力では、ドルビーデジタルビットストリームにタイムスタンプを記録してDVDオーサリングシステムの音声やビデオと同期させることができます。このタイムコード入力を利用することでエンコーダの開始と停止が正確になり、DVDオーサリングで個別のプログラムセグメントやサウンドトラックファイルを作成できるようになります。

      • 放送ソリューション

        最高品質のオーディオやイメージコンテンツを制作、配信、伝送するために必要となる包括的な放送業界ツール、コンテンツサービス、ソリューションについては、ドルビーにお任せください。

      • すべてのドルビーデジタル機能をサポート

        5.1チャンネルまで、56~640 kbpsのエンコード処理ビットレート、ドルビーメタデータ。

      • 外部メタデータ入力の受け入れ

        リアパネルのコネクターから、その他のドルビー製品(ドルビーEデコーダーDP572など)からの外部メタデータ入力を受け入れます。

      • 故障モニタリング回路

        故障モニタリング回路により、実際のまたは可能性のあるシステム故障についての警告が出ます(GPI/Oポート経由)。

      • リモートコントロール機能

        フロントパネルとリアパネルのシリアルインターフェースと付属のアプリケーションソフトウェアを使用することにより、Windows®ベースのPCやその他のリモートデバイスからドルビーDP569を設定して制御できます。

      • ドルビーDP569の仕様

        オーディオコード処理アルゴリズム

        • ドルビーデジタル(ATSC A/52a仕様準拠のAC-3)

        オーディオサンプルレート

        • 32、44.1、または48 kHz。入力およびエンコード時に個別のサンプルレートを設定できるユーザーが選択可能なサンプルレート変換機能

        周波数特性

        • 下限は<20 Hz以下。上限はデータレート、サンプルレート、チャンネルモードにより変動。±0.25 dB

        歪み

        • 1 kHzで0.01%以下。20 Hzアルゴリズムの上限で0.02%以下

        ダイナミックレンジ

        • 110 dB以上

        符号化遅延

        • 動作モードにより異なる。最小187 ms~最大450 ms
        • ユーザー指定または外部TTLパルス(外部遅延入力)から自動設定

        テストトーンジェネレーター

        • デジタルフルスケールを基準に18 dB、20 dB、またはµ dB(デジタルサイレンス)で1 kHz(公称)

        電力規格

        • 90~264 VAC、50~60 Hz、自動感知、最大15W
        • この機器は中央での電源切替により動作するように設計されています

        寸法および重量

        • 1Uラックマウント: 44 × 483 × 305 mm(1.75 × 19 × 12インチ)
        • 正味重量: 3.9 kg(8.5ポンド)

        環境条件

        • 5°C~45°C(41°F~113°F)、自然対流冷却、相対湿度0%~90%(非結露)

        規制表示

        • 北アメリカ: この装置は、FCC規定パート15およびカナダ産業省ICES-003クラスA要件に従い、クラスAデジタルデバイスに対する制限に適合します。米国とカナダでUL規格認定を取得しています。
        • 欧州: この装置は、低電圧指令73/23/EECおよびEMC指令89/336/EECの要件に適合しており、それに応じてCEマーキングを貼付しています。

        DP569フロントパネルの仕様

        表示と制御

        • 制御キー付き2行×16文字のLCD

        ステータスLED(3色)

        • チャンネルのアクティビティ、デジタル入力ロック、基準入力(ref in)、タイムコード、リモート、障害、エラーを表示

        プリセット

        • ユーザーが指定可能な構成を8つ呼び出す

        RS-232シリアル入力ポート

        • リモートコントロールとソフトウェアアップグレード用8ピンメスミニDINコネクター

        DP569フロントパネルの仕様

        デジタルオーディオ入力

        • メインオーディオ入力:BNCメスコネクター(ループスルー)× 3、アンバランス入力、75Ω、信号レベルはAES-3ID-1995(SMPTE 276M)準拠、外付け75Ω終端が必要
        • リファレンス入力:BNCメス(ループスルー)、アンバランス入力、信号レベルはAES-3ID-1995(SMPTE 276M)準拠、外付け75Ω終端が必要
        • バイパス入力: バイパスまたはホットスタンバイ状態中に切替出力に切り替えられるリレー

        デジタルオーディオ出力

        • メインおよび切替出力:BNCメス、アンバランス入力、75Ω、信号レベルはAES-3ID-1995(SMPTE 276M)準拠

        タイムコード入力

        • LTC入力:3ピンXLRメス、バランス型コネクター、10 kΩ VITC入力:BNCメス(ループスルー)、非バランス型コネクター、75Ω

        RS-485シリアルリモートコントロール入力ポート

        • 9ピンメスDコネクター、RS-485(SMPTE 207M)互換

        メタデータ入力ポート

        • 9ピンメスDコネクター、RS-485(SMPTE 207M)、ドルビーEデコーダーDP572およびドルビーマルチチャンネルオーディオツールDP570のメタデータ出力と互換

        外部遅延入力ポート

        • BNCメス、0~5 V TTLレベル

        汎用入出力ポート

        • 9ピンメスDコネクター、0~5 V TTLレベル
  • カスタマーサポート

    サポートの利用

    顧客アカウントまたはパートナーアカウントを使用してドルビーカスタマーポータルにログインしてサポートを受けるか、保証およびメンテナンスポリシーを読みます。

    ドルビーカスタマーポータル

    お問い合わせ

    質問またはフィードバックをお寄せください。

    お問い合わせ