• ドルビーEデコーダーDP572 [サポートのみ]

    • ドルビーEデコーダーDP572は、最終的なDTVおよびHDTVを伝送する前に、放送設備およびポストプロダクション施設で使用するドルビーEでエンコード処理済みの番組素材をデコード処理します。

      ドルビーは現在この製品を製造していませんが、その保証に基づき、継続してサポートを行っています。詳細については、パートナー製品のリストをご覧ください。

    • ドルビーEデコーダーDP572のフロント

      • ドルビーEデコーダーDP572の利点

        ドルビー®EデコーダーDP572は、DTV放送事業者や番組制作者が2チャンネルからマルチチャンネルオーディオへの移動を簡単にできるように設計されています。8チャンネルまでの高品質オーディオをデコード処理し、加えて、シングルAES3ペアでエンコードされたドルビーE信号、外部ファイバー、衛星リンク、デジタルビデオテープ、デジタルオーディオテープ、またはビデオサーバーからドルビーデジタルメタデータをデコード処理します。

        ポストプロダクション施設や放送設備に簡単に統合できます。DP572はPCMとドルビーE信号の両方を受信することができ、また、自動的に切り替えて、マルチチャンネルのシームレスな統合を提供してステレオプログラミングを保存することができます。

        サラウンドの番組は一般的に「5.1 + 2」ドルビーE構成を使用し、8チャンネルのうちの6チャンネルは5.1番組で、残りの2チャンネルはLt/Rt(マトリックスサラウンドでエンコード処理済み)またはステレオ2チャンネル番組です。代替チャンネル構成は、多言語または他の特殊な用途で利用します。

        ドルビーDP572は標準ビデオブラックリファレンス信号を必要とします。また、ドルビーEトライレベルシンクインターフェースDP579と共に、24フレームアプリケーションでも使用できます。

      • ドルビーE(Dolby E)を使用したマルチチャンネルオーディオ

        ドルビーE(Dolby E)を使用すると、既存のステレオインフラストラクチャーで最大8チャンネルのメタデータ付き音声を伝送することができます。

      • ビデオフレームに一致したコード化オーディオフレーム

        Audio-Follow-Video(映像音声同時切換)編集では、ミュート、不具合、またはその他の逸脱がなくなるため、デコード処理または再エンコード処理を行わずに、デジタルビットストリームで編集を直接的に切り替え、ルーティング、および実行できます

      • ドルビーEオーディオ

        最大8個のチャンネルを供給し、家庭にいる視聴者のドルビーデジタルデコーダーに最終的に配信するために番組制作者によって生成されたドルビーデジタルメタデータを伝送します

      • PCM入力遅延出力ポート

        機器を追加しなくても、音声をデコード化ドルビーEプログラムに挿入したり、ローカルステレオオーディオを挿入したりできます。伝送チェーン内のステレオとマルチチャンネル間の切り替えを自動化します

      • フロントパネルのステータスLED

        ドルビーソース信号の構成、出力チャンネルアクティビティ、ビデオリファレンス、メイン入力、PCM遅延、入力データなどを示します

      • ドルビーDP572の仕様

        オーディオコード処理アルゴリズム

        • ドルビーE

        ドルビーEプログラム構成

        • ユーザーが選択可能: 5.1; 3 × 2; 5.1 + 1 + 1; 6 × 1; 5.1 + 2; 8 × 1; 4 × 2
        • その他が選択可能

        オーディオサンプルレート

        • 48 kHz

        ビデオフレームレート

        • 29.97 fps(NTSC)、
25 fps(PAL)
        • 23.98、24、30 fps(ドルビーEトライレベルシンクインターフェースDP579が必要)

        周波数特性

        • 20 Hz~20 kHz、±0.25 dB

        歪み

        • 1 kHzで0.01%以下
20 Hz~20 kHzで0.02%以下

        ダイナミックレンジ

        • 110 dB以上

        遅延

        • エンコード処理: 固定、1ビデオフレーム PCM遅延チャンネル: 固定、1ビデオフレーム PCM遅延チャンネル: 固定、1ビデオフレームまたは最小遅延

        電力規格

        • 90~264 VAC、50~60 Hz、自動感知、最大15 W、中央での電源切替により動作するように設計

        寸法および重量

        • 1Uラックマウント: 44 × 483 × 324 mm(1.75 × 19 × 12.75インチ)

        • 正味重量: 2.7 kg(5.9ポンド)

        環境条件

        • 動作時: 0°C~50°C(32°F~122°F)、自然対流冷却、相対湿度0%~98%(非結露)
        • 
非動作時: −20°C~70°C(–4°F~158°F)

        規制表示

        • 北アメリカ: この装置は、FCC規定パート15およびカナダ産業省ICES-003クラスA要件に従い、クラスAデジタルデバイスに対する制限に適合します。米国とカナダでUL規格認定を取得しています。

        • 欧州: この装置は、低電圧指令73/23/EECおよびEMC指令89/336/EECの要件に適合しており、それに応じてCEマーキングを貼付しています。

        ドルビーDP572のフロントパネル

        表示と制御

        • 2ライン、ステータス表示およびセットアップ操作のための制御キーが付いた16文字のLCD

        ステータスLED

        • 出力チャンネルアクティビティ、ビデオリファレンス、ドルビーEプログラム構成、メイン入力、PCM遅延、入力データ(ビット深度)、フォールト、エラーなどを示します

        RS-232シリアルリモートポート

        • リモートコントロールとソフトウェアアップグレード用8ピンメスミニDINコネクター

        ヘッドフォン出力

        • 監督用通話モニタリングのための6.35 mm(1/4インチ)標準ステレオヘッドフォンジャック

        ドルビーDP572のリアパネル

        デジタルオーディオ入力

        • BNCメスコネクター(ループスルー)、アンバランス入力、75Ω、信号レベルはAES-3ID-1995(SMPTE 276M)仕様に準拠、外付け75Ω終端が必要

        デジタルオーディオ出力

        • BNCメスコネクター(× 2)の各出力: 1/2、3/4、5/6、7/8、アンバランス入力、75Ω、信号レベルはAES-3ID-1995(SMPTE 276M)準拠

        ビデオリファレンス入力

        • BNCメスコネクター(ループスルー)、アンバランス入力、NTSCプログラムまたはブラックは29.97 fps、PALプログラムまたはブラックは25 fps、ドルビーブラックは24 fps、DP579ドルビーEトライレベルシンクインターフェース使用時には23.98、24、30 fps、信号レベルはSMPTE 154、外付け75Ω終端が必要

        PCM入力遅延出力ポート

        • BNCメスコネクター(× 2)、アンバランス入力、75Ω、信号レベルはAES-3ID-1995(SMPTE 276M)準拠

        リニアタイムコード出力ポート

        • BNCメス、アンバランス入力、SMPTE 12M準拠

        RS-485シリアルリモート入力ポート

        • ソフトウェアアップグレード用9ピンメスミニDコネクター

        ステータスポート

        • 9ピンメスDコネクター、0~5 V TTLレベル

        補助出力ポート

        • 9ピンメスDコネクター、RS-232、全二重

        メタデータ出力ポート

        • 9ピンメスDコネクター:DP569、DP570、DP571のメタデータ入力と互換
  • カスタマーサポート

    サポートの利用

    顧客アカウントまたはパートナーアカウントを使用してドルビーカスタマーポータルにログインしてサポートを受けるか、保証およびメンテナンスポリシーを読みます。

    ドルビーカスタマーポータル

    お問い合わせ

    質問またはフィードバックをお寄せください。

    お問い合わせ