• ドルビープログラムオプティマイザーDP600およびDP600-C

    • ドルビープログラムオプティマイザーDP600は革新的なプロダクションオーディオプラットフォームで、ラウドネス補正、オーディオ変換、アップミキシングの実行に、ファイルベースのワークフローソリューションをもたらします。

    • ドルビーDP600では、放送およびOTTファイルベースのワークフローでラウドネスとメタデータの修正、音声方式変換、およびアップミキシングを自動化します。

      • ドルビー®プログラムオプティマイザーDP600には、世界初のインテリジェントなオーディオ分析と自動化されたラウドネス正規化エンジンが搭載されています。この製品ではドルビーデジタル、ドルビーデジタルプラス™、ドルビーEのエンコード、デコード、変換、コード変換を行うことができます。

        また、ドルビーDP600には、5.1チャンネルを配信するために従来の2チャンネルオーディオをアップミキシングする独自のアルゴリズムも備わっています。今日使用されている最も一般的なメディアファイルや音声方式の多くをサポートしていることだけでなく、こうした特徴により、ドルビーDP600は日々のファイルベースの放送、OTT、ケーブル、衛星、IPTV、そしてポストプロダクションワークフロー環境に統合するのに最適な製品となっています。

        ドルビープログラムオプティマイザーDP600-CにはドルビーDP600基本モデルの性能がすべて備わっており、音声方式間で、リアルタイムより高速なファイルベースでのエンコード処理、デコード処理、変換、トランスコード処理を行う機能が加わっています。また、独自の高品質なシングルステップのドルビーデジタルからドルビーデジタルプラスへのトランスコーダーも提供されるため、メタデータが保持され、タンデムコード処理の損失が最小限に抑えられます。

        ドルビーDP600およびDP600Cの用途をご覧ください。

    • 機能

      • 音声のエンコード処理/デコード処理およびトランスコード処理

        オーディオメタデータを維持しながら、すべてのドルビー音声フォーマット(ドルビーデジタルプラス、ドルビーデジタル、ドルビーE)とPCM、MPEG-1 LII、AAC(アドバンストオーディオコーティング)、およびHE AAC v2間のリアルタイムより高速なファイルベースのエンコード処理(DP600-C)、デコード処理、変換を行います。

      • 特許取得済みのダイアログインテリジェンスアルゴリズム

        効果的なスピーチベースのラウドネス正規化。デコード処理および再エンコード処理を行わなくても、メディアファイル内のdialnorm値を自動的に設定または修正します。

      • 自動ファイル変換およびトランスコード処理

        次世代フォーマットにアーカイブの変換を効率化しました。品質の高いシングルステップのドルビーデジタルからドルビーデジタルプラスへのトランスコーダーによってメタデータが保持され、トランスコード処理の損失が排除されます。

      • 自動ラウドネス解析および補正

        メディアを1つずつ手動で検証および補正しなくても、一貫性があり、信頼性が高く、高品質の体験を提供します。

      • インテリジェントアップミキシング機能

        ステレオ5.1アルゴリズムによって従来の2チャンネルコンテンツが強化され、より広く自然に響くスイートスポットが作成されるとともに、これに続くダウンミックスのアーティファクトが確実に排除されます。

      • ホットフォルダモード

        既存のワークフローへの組み込みを簡素化します。特定のプロファイルを選択すると、ホットフォルダに移動したすべてのメディアファイルは、自動的にそのプロファイルに合わせて処理され、ユーザが定義したフォルダに供給されます。

      • タッチスクリーンステータス表示

        アップグレード、システムプロビジョニング、メンテナンス、および操作を簡素化します。

      • サードパーティパートナー

        ドルビーDP600およびDP600-Cでは、オープンウェブサービスベースのAPIによってサードパーティシステムとの統合の可能性が大幅に向上しています。

    • ドルビーDP600のフロントパネル

      • メインステータス表示

        タッチスクリーン、対角6.4インチVGA(640 × 480 dpi)

      • システムステータスLED

        電源、アラーム、温度、ドライブアクティビティ

      • USB 2.0ポート

        タイプA(ライセンスソフトウェアおよびアップデート用)

      • DVDドライブ(メインステータスパネルの背後)

        ソフトウェアのアップグレードおよびアップデート用

      • リムーバブルパネル

        ハードドライブへのアクセス用

      ドルビーDP600のリアパネル

      • 電源

        デュアル冗長電源

      • PS/2ポート

        2(キーボードおよびマウス用)

      • USB 2.0ポート

        4(タイプA)

      • 15ピンSVGAポート

        ローカルビデオモニター用

      • イーサネットポート

        10/100/1000Base-T(自動検出)× 2

      • ドルビーDP600の仕様

        サポートされるメディアファイルフォーマット

        • GXF(SMPTE 360M)、最多で5つのファイルに及ぶシングルプログラムを含む
        • SMPTE 390M(OP-Atom)に準拠したMXFオペレーションパターン
        • SMPTE 378M(OP-1a)
        • SMPTE 391M(内部エッセンスファイルフォーマットのOP-1bのみ)
        • SMPTE 379M(GC)に準拠したMXFコンテナー(エッセンス)サポート
        • SMPTE 381M(GC-MPEG)
        • SMPTE 383M(GC-DV、DVで交互配置されているオーディオエッセンスのサポートを除く)
        • SMPTE 382M(GSC-AESBWF)
        • SMPTE 386M(D-10オーディオを含むIMX)
        • MPEG-2プログラムストリーム
        • MPEG-2シングルプログラムトランスポートストリーム
        • MP4ファイルフォーマット

        サポートされる音声ファイルの種類

        • WAV、Broadcast WAV、EBU Tech Doc 3306によるRF64(モノ、ステレオ、およびマルチチャンネル/マルチプログラムファイル)
        • AIFF(モノ、ステレオ、およびマルチチャンネル/マルチプログラムファイル)
        • ドルビーデジタル(AC-3、.ac3)
        • ドルビーデジタルプラス(E-AC-3、.ec3)
        • HE AAC(アドバンストオーディオコーティング)v2(ドルビーメタデータ対応)(.aacおよび.mp4)
        • SMPTE 337MによるドルビーEフォーマットで、2チャンネル24ビットWAVまたはAIFFでラップされたファイル
        • WAV内のMPEG-1 LII
        • AAC、HE AAC v2(.aacおよび.mp4)

        サポートされるメディアサーバープラットフォーム 

        • Omneon® MediaDeck™、Harmonic® Spectrum™

        サポートされるリニア音声の種類

        • WAV(ドルビーオーディオメタデータWAVチャンクを含むまたは含まない複数のモノ、ブロードキャスト、およびマルチチャンネルWAVファイルなど、相互配置またはディスクリート)
        • AIFF、相互配置またはディスクリートファイルのマルチチャンネルを含む
        • 16ビット、20ビット、および24ビットPCM(前述のメディアファイルフォーマット内)

        サポートされるコード化音声の種類

        • ドルビーデジタルプラス(E-AC-3)、ドルビーデジタル(AC-3)、ドルビーE、HE AAC(ドルビーメタデータ対応)、AAC、MPEG-1 LII

        サポートされるその他の処理エンジン 

        • ドルビープロロジック® IIエンコード処理
        • 2チャンネルから5.1チャンネルへの独自のアップミキシング機能。ダウンミックスの互換性を確保

        ラウドネス予測/修正アルゴリズム

        • ダイアログインテリジェンス™(特許取得済み)
        • 独自の符号化オーディオラウドネス補正アルゴリズム、特許出願中
        • ITU-R BS.1770-1オーディオラウドネス測定、ITU-R BS.1770-2に準拠したトゥルーピークレベルの測定を含む
        • EBU R128オーディオラウドネス測定

        システム構成要素

        • デュアルコアXeon® CPU×2、システムメモリー2 GB

        オペレーティングシステム

        Linux®

        ファイルシステムプロトコル

        FTP、SAMBA/CIFS、およびSFTP

        サードパーティAPI

        HTTP経由で簡易オブジェクトアクセスプロトコル(SOAP)を利用するウェブサービスとして提供

        DP600-Cの構成

        ドルビープログラムオプティマイザーのDP600-Cバージョンは、オーディオメタデータを保持しながら、PCM、MPEG-1 LII、AAC、HE AAC v.2はもとより、すべてのドルビー音声フォーマット間で、リアルタイムより高速なファイルベースのエンコード処理、デコード処理、変換を実現します。

        電力規格

        100~240 VAC、50~60 Hz、300 W。デュアル冗長電源を搭載

        寸法および重量

        3Uラックマウント: 638.5 x 483 x 133 mm

        正味重量: 18 kg(39.7ポンド)

        環境条件

        動作時: 0°C~40°C(32°F~104°F)、ファン冷却、相対湿度20%~80%(非結露)

        規制表示

        UL、FCC、CE、およびRoHSに準拠

  • カスタマーサポート

    サポートの利用

    顧客アカウントまたはパートナーアカウントを使用してドルビーカスタマーポータルにログインしてサポートを受けるか、保証およびメンテナンスポリシーを読みます。

    ドルビーカスタマーポータル

    お問い合わせ

    質問またはフィードバックをお寄せください。

    お問い合わせ