• ボリュームコントロール用のドルビーボリューム

    • ドルビーボリューム(Dolby Volume)をTV、セットトップボックス、およびその他のホームシアター機器に組み込むと、どの場所で視聴していてもボリュームレベルをコントロールできます。

    • ドルビーボリューム(Dolby Volume)の特長

      • ボリュームコントロール

        ドルビーボリューム(Dolby® Volume)を搭載したTV、セットトップボックス、AVアンプ、またはその他のホームシアターコンポーネントを使用すると、どの音量に設定しても自然でクリアな安定したサウンドをお楽しみいただけます。

      • スムーズな切り替え

        コマーシャルが始まったとき、チャンネルを切り替えたとき、または音源を入力したときにボリュームレベルが急に変化する問題は、ドルビーボリューム(Dolby Volume)では起こりません。

      • 低音量でも高感度

        ドルビーボリューム(Dolby Volume)では、どの音量を設定しても、オーディオは元のレコーディングレベルに維持されます。音量を最小にしても、静かなダイアローグや背景の音を聴くことができます。

      • 透過的な動作

        歪みや以前のソリューションに関連する「パンピングやブリージング」などの可聴副作用を起こさずに、ドルビーボリューム(Dolby Volume)は透過的に動作してリスニング経験を向上させます。

      • どのようなチャンネル構成でも動作

        ドルビーボリューム(Dolby Volume)は、サラウンドサウンド、ステレオ、またはモノでも有効で、使用する可能性があるどのようなチャンネル構成でも調整します。

    • ドルビーボリューム(Dolby Volume)はリスニング経験を毎回より良いものにできます。

      • ボリュームコントロール問題の解決

        TVコマーシャルの音量が突然大きくなって驚いたり、低い音量で映画を見ているときに会話が聞き取りにくくなったことがあるかと思いますが、これはお客様だけの問題ではありません。これらの問題は多くの視聴者から寄せられる、よくあるクレームの1つです。

        ドルビーボリューム(Dolby Volume)は、再生音量を制御する先進のデジタル信号処理技術です。これによって音量を一定に保ち、リスニング経験を向上させることができます。お客様はボリュームレベルを設定するだけです。後はドルビーボリューム(Dolby Volume)が調整します。コマーシャルの音量が上がったり、会話が聞こえづらくなったり、チャンネルや音源を切り替えた時に音量に差が生じたりすることがなくなります。

        独自のオーディオの特徴

        ドルビーボリューム(Dolby Volume)は、単にボリュームレベルを一定にするだけではありません。元のミックスの音響バランスも維持します。これは、サラウンドサウンドシステムで視聴している場合に特に重要になります。どの音量に設定しても、ドルビーボリューム(Dolby Volume)は、コンテンツクリエイターが意図したバランスで聞こえるようにします。

      • ご家庭でサラウンドサウンド

        ホームシアターからスマートフォンに至るまでのあらゆるデバイスで、透明感のあるサラウンドサウンドを体験しましょう。

    • プロフェッショナル向けのドルビーボリューム(Dolby Volume)

      ドルビーボリューム(Dolby Volume)をテレビやAVアンプなどの製品または放送ビットストリームに組み込めば、リスニング経験が向上します。

      装置メーカー

      ドルビーボリューム(Dolby Volume)は貴社の製品を競合製品と差別化し、共通の問題に対する効果的なソリューションをコンシューマーに提供します。

      放送事業者

      ドルビーボリューム(Dolby Volume)を使用すると、コンシューマーの要求と政府の規制に合致する一貫した放送を作成できます。

  • カスタマーサポート

    サポートの利用

    顧客アカウントまたはパートナーアカウントを使用して、ドルビーカスタマーポータルにログインしてサポートを受けてください。

    ドルビーカスタマーポータル

    ライセンス許諾

    ドルビー技術を製品に搭載するためのライセンスを申請します。

    ライセンスを取得する