• ドルビーデジタル5.1:デジタルサウンドの標準

    ドルビーデジタル5.1(Dolby Digital 5.1)は、ホームシアター、放送、映画のサラウンドサウンドの確立された標準であり、世界中の観客のエンタテインメント経験を再定義しました。映画館やご家庭で、ドルビーデジタル(Dolby Digital)は現実さながらの音の情景を実現します。

    ドルビーデジタル(Dolby Digital)の特長

    • グローバル規格

      世界中のすべてのDVDおよびアメリカのすべてのHD放送に、ドルビーデジタル(AC-3としても知られる)が使われています。 ドルビーデジタル5.1は、TVからモバイルフォンに至るさまざまなデバイスで最大7.1チャンネルのサラウンドサウンドを提供するドルビーデジタルプラスに進化しました。

    • 5.1マルチチャンネル音声

      高音質オーディオの5.1チャンネルがあるドルビーデジタル(Dolby Digital)は、聞く人をアクションの中心に引き込みます。 左右の従来型ステレオチャンネルを拡張し、包み込むような360度のサウンドを実現しています。

    • 映画、TV、DVD、およびゲーム

      映画に革命をもたらした同じ音声技術が、あらゆるDVDやアメリカのHDTV放送のサウンドに可能性をもたらしています。 多くのビデオゲームでもドルビーデジタル(Dolby Digital)のサラウンドサウンドを採用しています。

    • 自動ステレオバージョン

      ドルビーデジタル(Dolby Digital)は、音声トラックのステレオバージョンを自動的に提供するため、お気に入りの映画、TV番組、およびその他のエンタテインメントはどのデバイスでも素晴らしいサウンドになります。

    • 将来的な互換性

      ドルビーデジタルプラス(Dolby Digital Plus)などの新しい音声フォーマットが出現する中で、ドルビーデジタル(Dolby Digital)コンテンツは長年にわたり互換性を維持することができます。

    効率の高い5.1サウンド

    根本的に、ドルビーデジタル(Dolby Digital)テクノロジーは、映画スタジオ、テレビネットワーク、およびその他のコンテンツプロバイダーが、音質を損なわずにマルチチャンネル音声ファイルのサイズを圧縮するための非常に効率的な方法を代表しています。ファイルが小さいほど、配信は簡単になります。ドルビーデジタル(Dolby Digital)では、フィルムプリントやDVDに、またはTV放送の一部として完全な5.1チャンネルオーディオミックスを含めることができます。これによってアーティストの表現の幅が広がり、観客はよりリアルで感動的な体験をすることができます。

    エンコード処理とデコード処理

    ドルビーデジタル(Dolby Digital)は、1と0、すなわちデジタル情報の世界で機能します。私たちが聞くオーディオは1と0ではなくアナログ波形で構成されるため、ドルビーデジタル(Dolby Digital)音声トラックを作成する最初のステップは、元のアナログ信号をデジタル情報に変換することです。このプロセスをエンコード処理と呼びます。

    しかし、ドルビーデジタル(Dolby Digital)では、波形をやみくもに数値に変換するのではなく、元の音声を分析して、音声トラックのどの部分を保つことが重要で、どの部分があまり聞こえないかを決定します。

    ドルビーデジタル(Dolby Digital)では、音声トラックの重要な部分を保持し、余剰データを排除することで、優れたマルチチャンネル音声を低いデータレートで配信できます。

    ドルビーデジタルオーディオは、フィルムプリント、DVD、テレビ放送、ダウンロードなどの多くの形式で配信できます。配信されたら、圧縮されたオーディオのデコード処理が必要です。

    映画館では、デコード処理はオーディオプロセッサーで行われますが、ご家庭ではDVDプレーヤー、セットトップボックス、ゲーム機器、またはその他の使い慣れた機器で行われます。

    どのようなセットアップでも一貫した再生を確保できるように、ドルビーデジタル(Dolby Digital)ではメタデータと呼ばれるものを使用しています。

    メタデータは、プログラミングプロダクション中に作成され、ドルビーデジタル(Dolby Digital)ビットストリームで伝送される命令のセットです。メタデータにより、モノ、ステレオ、5.1チャンネルシステムのいずれを使用しているかにかかわらず、高品質のオーディオ体験が実現されるだけでなく、コンテンツクリエイターで追加の機能を提供できるため、ユーザーは再生をさらに細かく制御できます。

    5.1サウンドにおける各チャンネルの役割

    5.1オーディオミックスのチャンネルは、はっきりとした目的を果たします。3つのフロントチャンネル(左、センター、右)は、はっきりしたクリーンなダイアローグを提供し、スクリーン上のサウンドの正確な配置を行います。対となるサラウンドチャンネル(左サラウンドと右サラウンド)は、アクションの中心にいるような感覚を作り出します。

    低音効果(LFE)チャンネルでは、耳だけでなく、体感することができる、深く、力強い低音効果を実現します。必要とする帯域幅が他のチャンネルの約1/10のため、LFEチャンネルは「.1」チャンネルとも呼ばれます。

    ドルビーデジタルプラス: どこでもサラウンドサウンドを実現

    ドルビーデジタルプラス(Dolby Digital Plus)は、ホームシアターからスマートフォンに至るまでのあらゆるデバイスで確実なサラウンドサウンド体験を実現します。

    ドルビーテクノロジーコーデック

    ドルビーテクノロジーでエンコードされたオーディオコンテンツをご使用の製品で再生できない場合は、当社のパートナーのいずれかから再生ソフトウェアを購入する必要があります。

    プロフェッショナル向けのドルビーデジタル(Dolby Digital)

    ドルビーデジタル(Dolby Digital)は、放送、ホームシアター、映画、PC、オンラインストリーミング、ビデオゲームプログラミング用の最大5.1ディスクリートチャンネルの高品質なサラウンドサウンドをお届けします。

    コンテンツクリエーター

    世界中の映画館とホームシアターで支持されているドルビーデジタル(Dolby Digital)を使用すれば、観客がどこに座っていても作品で観客を魅了することができます。

    放送事業者

    衛星放送、有線放送、および地上波HD放送で、ドルビーデジタル(Dolby Digital)は並外れたオーディオと他の製品にはない互換性を提供します。

    配給会社および興行会社

    ドルビーデジタル(Dolby Digital)は、世界で最も人気のある、映画用デジタル音声フォーマットであり続けています。

    ドルビーデジタル仕様

    チャンネル

    1.0~5.1、ディスクリート

    DVDのデータレート、5.1チャンネルオーディオ

    384または448 kbps

    ブルーレイディスクのデータレート、5.1チャンネルオーディオ

    640 kbps

    ドルビーメタデータ(Dolby Metadata)のサポート

    あり

    接続

    S/PDIF、HDMI®、IEEE 1394

    ミキシング/ストリーミング機能

    あり

    ドルビーメタデータ(Dolby Metadata)パラメーター

    メタデータパラメーター



    表示のみ



    制御

    ダイアログレベル

    チャンネルモード

    LFEチャンネル

    ビットストリームモード

    ラインモード圧縮

    RFモード圧縮

    RF過変調保護

    センターダウンミックスレベル

    サラウンドダウンミックスレベル

    ドルビーサラウンド(Dolby Surround)モード

    オーディオプロダクション情報

    ミックスレベル

    ルームタイプ

    著作権ビット

    元のビットストリーム

    好みのステレオダウンミックス

    Lt/Rtセンターダウンミックスレベル

    Lt/Rtサラウンドダウンミックスレベル

    Lo/Roセンターダウンミックスレベル

    Lo/Roサラウンドダウンミックスレベル

    ドルビーデジタルサラウンドEX(Dolby Digital Surround EX™)モード

    A/D変換器のタイプ

    DCフィルター

    ローパスフィルター

    LFEローパスフィルター

    サラウンド3 dB減衰

    サラウンド位相シフト