• ドルビーアトモス

    • 映画館、ご家庭、そしてモバイルでも、ドルビーアトモスでは、息を飲むような、周りを流れるように移動するオーディオで、いつもの時間が驚きの体験へと変わります。

    • ドルビーアトモスの特長

      • 迫力のある移動するオーディオを作り出す

        ドルビーアトモス®システムを使用すると、サウンドが頭上を含むあらゆる方向から流れ、驚くほど鮮明かつ豊かで、細やかな深みのある臨場感あふれる体験が実現します。

      • アーティストの作品のインパクトを最大限に強める

        ドルビーアトモスは、アーティストが自分のストーリーを展開したり、自身のゲームを強調したり、自身の音楽を演奏したりするための優れた新機能を備えているため、アーティストの意図が力強く伝わります。

      • サウンドを周囲の至るところに動かす

        人、音楽、物のさまざまなサウンドが周囲の3次元空間で動き回るため、自分がそのアクションの中にいるかのように感じられます。

      • 力強く躍動的なエンタテインメント経験を演出

        ドルビーアトモスのサウンドでは、さまざまな感覚が刺激されて感情が呼び起こされるため、エンタテインメントのインパクトを最大限に高めます。

      • あらゆる次元を体験

        映画館で、ご家庭で、そして外出先でもドルビーアトモス

        これまで映画のサウンドデザイナーは、個々のサウンドをミックスしてチャンネルにまとめて、サウンドトラックを製作していました。 たとえばヘリコプターが飛び立つ音を必要とするシーンがある場合は、そのサウンドを1個のチャンネルに割り当てて、他のサウンドとミックスする必要がありました。

        このヘリコプターのサウンドはチャンネル間で移動できても、頭上へ移動することはできませんでした。 そのため、実際のサウンドとは異なって聞こえます。

        音声オブジェクトの導入

        ドルビーアトモスは、チャンネルではなく、音声オブジェクトをベースにした業界初のオーディオフォーマットです。 ドルビーアトモスでは、ヘリコプター、けたたましい車のクラクション、子供の叫び声といったあらゆるサウンドが、チャンネルの制限がない独立した音声オブジェクトとして存在することができます。 このオブジェクトは頭上も含めてどこにでも配置および移動することができます。

        映画製作者は、ストーリーを語ることに集中することができるようになりました。 サウンドをチャンネルに配置することで製作者の意図を犠牲にするのではなく、シーンでサウンドが自然に発生する場所にそのサウンドを配置することができます。 サウンドは3次元の空間を移動し、映像に合わせて頭上や周囲を流れるため、ハイト感覚と現実感が新たにもたらされます。 ドルビーアトモスでは、自分がアクションの中心にいるかのように感じます。これはこれまでにない体験です。 また、映画館、ご家庭、外出先など、あらゆる再生環境に対応します。

        詳しい技術情報

        • ミックス内で最大128(同時発音)の独立した音声オブジェクトに対応し、豊かでリアルな驚異的サウンドを提供。
        • 記述的メタデータが監督の意図をすべて捉え、映画館、ホームシアター、およびモバイル機器用に再生をカスタマイズ可能。

        シネマ

        • 最大64の独立スピーカー出力が可能であり、どのような大きさの映画館でも簡単にスケーリングして再生可能。

        ご家庭で

        • アドバンストドルビー®コーデックと当社の高度なレンダリングプロセスにより、映画館での元の体験をホームシアターにスケーリングおよび適応させ、映画製作者の意図を再現。スピーカーは7個から34個までスケーリング可能。

        モバイル

        • デバイス用のドルビーアトモスレンダラーは、映画用に作成された音声オブジェクトから空間情報を取得し、ヘッドフォンで3次元空間に音声オブジェクトをレンダリング。 オブジェクトベースの音声を、外耳とショルダーキューに依存する両耳用ヘッドフォンレンダリングと組み合わせることにより、ドルビーアトモスは自然で臨場感あふれるサウンド体験を再現します。

        互換性

        • ドルビーアトモスのコンテンツは、従来のステレオ、5.1 チャンネルシステム、および7.1チャンネルシステムでの再生に完全に対応。
      • ドルビーアトモスのトレーラーを見る

    • プロダクション向けドルビーアトモス

      ドルビーアトモスは、映画音響に最適なプラットフォームであり、クリエーター、配給会社、興行会社に対して優れたソリューションを提供します。

      コンテンツクリエーター

      映画館内でのサウンドの配置と移動をこれまでにないレベルで制御できるようになり、さらに感動的なストーリーを語ることができます。

      映画配給会社

      複数のフォーマットのファイル供給が不要になり、運用を大幅に簡素化できます。ドルビーアトモスなら、どの映画館でも同じファイルを再生できます。

      映画興行会社

      映画館でしか得られない迫力のある体験を観客に提供し、どのようなスピーカー構成でも最適に再生できます。

      • ドルビーアトモス: ホームシアターの革命

        巨大なスクリーンと大規模なサウンドシステムを備えた映画館は、常に、究極的なエンタテインメント経験の基準となります。 ドルビーアトモスシネマシステムでは、最大64の独立電源のスピーカー出力が可能です。ホームシアターではスピーカーの数は少なくなりますが、ドルビーアトモスを使用すると非常に感動的な体験を得ることができます。 ドルビーアトモスでは、製作者の意図がそのままフルに伝わってきます。これは、ホームオーディオ再生では以前は不可能だったことです。

        技術的背景

        音声オブジェクト

        ドルビーアトモスでは、あらゆるサウンドを、他のサウンドトラックから独立した単一の音声要素であるオブジェクトとしてレンダリングできます。 映画製作者は、子供の叫び声、ヘリコプターの飛び立つ音、けたたましい車のクラクションといったサウンドがどこから聞こえてくるのか、また、シーンの展開に合わせてどこへ移動するのかを正確に決めることができます。

        このアプローチを採用することで、映画製作者はストーリーに集中することができます。 チャンネルベースのオーディオの場合、映画製作者はどのスピーカーでどのサウンドを再生するかを決定しなければならないため、このアプローチでは製作者の意図が伝わらない可能性があります。 ドルビーアトモスを使用すると、映画製作者はサウンドの場所を決定するだけで、システムがインテリジェントな方法でスピーカーの割り当てを決定します。 音声オブジェクトは、頭上を含め、3次元の空間のあらゆる位置に作成および移動することができます。 自然の環境で体験するサウンドと同じようにサウンドトラックを体験できます。

        ドルビーアトモスは、シネマミックス内で最大128(同時発音)の音声オブジェクトをサポートしています。 これらには、背景音楽など、すべてのスピーカーで再生される固定サウンドが含まれます。 ご家庭での再生用にマスタリングされたコンテンツには、元のフィルムからの音声オブジェクトがすべて含まれ、映画と同じ3次元空間に配置されています。

        どこでも最適に再生

        各ドルビーアトモスサウンドトラックには、記述的メタデータが付随します。 このメタデータを使用して、AVアンプ(AVR)のレンダリングブロックは、家庭環境やその家庭に特有のスピーカー配置にサウンドトラックを適合させます。

        コンテンツ配信

        ホームシアターの場合、ドルビーアトモスは、最初はブルーレイディスク™によって、またはストリーミングビデオサービスによって配信されます。 すべてのデコード処理、レンダリング、および処理はドルビーアトモス対応のAVアンプで管理されます。 ドルビーアトモスコンテンツは、標準のブルーレイ™プレーヤや、HDMI®によってAVアンプに接続され、ビットストリーム出力機能がオンになっているストリーミングメディアプレーヤで再生されます。 映画館と同様に、ホームシアター向けのドルビーアトモスコンテンツは、従来の5.1 チャンネルおよび7.1 チャンネルシステムでの再生に対応しています。

        ドルビーアトモスによるホームシアターのセットアップ

        ドルビーアトモスでは、従来のホームシアタースピーカーのレイアウトと追加のスピーカー位置を組み合わせます。 このスピーカーには、天井取付けスピーカーや、オブジェクトとサウンドの頭上のハイトレイヤーを再現するようにデザインされた新しいドルビーアトモス対応スピーカーが含まれます。

        嬉しいことに、 5.1 チャンネル、7.1 チャンネル、またはそれ以上のサラウンドサウンドシステムを既にお持ちの場合は、それを基にシステムを構築することができます。 そして、現行のシステム以上のスペースを占めることはありません。

        必要なもの

        さらに詳しい情報については、ホームシアターセットアップガイドおよびドルビーアトモススピーカー配置ガイドを参照してください。

        ドルビーアトモスコンテンツの再生

        ドルビーアトモスコンテンツは、ブルーレイディスクまたはストリーミングビデオサービスによって配信されます。 再生するには、次のいずれかの機器が必要です。

        • ブルーレイプレーヤー。 ブルーレイ仕様に完全に適合する最新または最近の製品を推奨します。
        • ストリーミングメディアプレーヤ、ブルーレイプレーヤー、またはストリーミング機能付きのゲーム機器。

        どちらを使用する場合も、プレーヤをビットストリーム出力に設定して、HDMI経由でレシーバーを接続してください (また、ブルーレイプレーヤーのセカンダリオーディオ機能はオフにしてください)。

        ドルビーアトモスは、最新のHDMI仕様(v1.4以降)に対応しています。

        ドルビーアトモスAVアンプ

        ドルビーアトモスをサポートするAVアンプ、プリアンプ/プロセッサー、またはホームシアターセット(HTIB)システムが必要です。 このコンポーネントは、必要な信号処理とレンダリングのすべてを処理します。 現在、大手AVアンプメーカーでは、これらの製品を発表しており、今後さらに多くの製品の発売が予定されています。

        スピーカー

        オーバーヘッドサウンドはドルビーアトモスに欠くことのできない部分です。 この機能をホームシアターシステムに追加することが、移動するオーディオ体験を実現する鍵です。オーバーヘッドサウンドには次の2つのオプションがあります。

        • 天井スピーカー。 幅広い拡散性に加えてプライマリスピーカーと対等する音質と力強さがあるフルレンジのスピーカーが最適です。
        • 新しいドルビーアトモス対応スピーカー。 これはほとんどの配置に対してより実用的な選択肢です。ドルビーアトモス対応のスピーカーは音を上に向けて出すように設計されています。サウンドは天井に反射して、驚くほどリアルなオーバーヘッドサウンドを再現します。

        ドルビーアトモス対応スピーカーには次の2つのバージョンがあります。

        • 音を前方に出す従来のスピーカーも含む一体型ユニット。
        • 音を上に向けて出す要素のみを含むアドオンモジュール。現在のスピーカーの上または近くの別の表面上に取り付けることができます。ドルビーアトモス対応スピーカーは、高さ2.4~4.3メートル(8~14フィート)の天井と、乾式壁や石こうなどの音響を反射する面がある部屋で最高の性能を発揮するように設計されています。

        基本的な配置

        オーバーヘッドサウンドとオブジェクトを生成できる天井スピーカー、またはドルビーアトモス対応スピーカーのいずれかのスピーカーが少なくとも2つ必要です。 ドルビーアトモスでの再生品質を最大限に高めるには、4つのスピーカーを使用することを推奨します。

        ドルビーアトモスホームシアターは、従来の5.1 チャンネルおよび7.1 チャンネルのレイアウトを基に構築できます。 ドルビーアトモスの場合、命名法は若干異なります。 7.1.4 チャンネルドルビーアトモスシステムは、4つの天井スピーカーまたはドルビーアトモス対応スピーカーを含む従来の7.1 チャンネルレイアウトです。

        AVアンプは、ご使用のスピーカーの補完およびレイアウトについてドルビーアトモスの再生を自動的に最適化します。

        互換性に関する注意

        ドルビーアトモスは下位互換性を備えるように設計されているため、新しいシステムと既存のチャンネルベースのシステムの両方で再生できます。 ステレオから5.1 チャンネルまたは7.1 チャンネルまで、システムに最適なミックスをいつでも聞くことができます。

      • ドルビーアトモスホームシアター製品取扱いメーカー

        50音順、敬称略