• 環境への取り組み

  • 環境保全

    ドルビーは、社内的にはもちろん、映画および映画制作業界の新しい技術の開発を通して、ビジネス活動における環境の持続可能性の改善に向けて取り組んでいます。環境にやさしい取り組みを促し、環境、従業員、顧客のそれぞれにとって意義のあることを実践します。この取り組みは、運営コストを削減して、経済的な利益にもつながります。

    ドルビーラボラトリーズでのリサイクル

    カリフォルニア州SB 20/SB 50 2003年電子廃棄物リサイクル法

    電子廃棄物リサイクル法により、カリフォルニア州の住民は、新しいTV、モニター、ラップトップなどのディスプレイ機器の購入時にリサイクル料を支払うことになっています。この料金は、州認定の企業によるリサイクル業務の資金に充てられます。当社が信頼する廃棄業者は、カリフォルニア州の許可を受けた認定リサイクル業者です。

    サンフランシスコの事業所では、すべてのコピー機、ファックス、およびプリンター用に再生紙を備えています。同様の取り組みが英国のヨーロッパ本社でも実施されています。可能な範囲で用紙を再利用し、プリンターカートリッジ、モバイルフォン、およびシュレッダーにかけた書類はすべてリサイクルのために回収されます。

    紛争鉱物

    ドルビーでは、倫理的な商慣行が唯一の商慣行であると考えています。当社は、ドッド・フランク法に関連する紛争鉱物についての必須要件を認識しており、これらの要件を満たすように運営に積極的に取り組んでいます。ドルビーの事業はユニークで、事業活動は鉱山や製錬所とは程遠い分野ですが、当社のサプライチェーンを評価し、これらの義務に対する当社の準拠を確実なものにするため、社内に参考資料を配布しています。この問題における業界の進度が遅れを取らないように、また、業界の対策の形成に対して今後サポートできるように、当社では、IPCなどの業界の組織内でも取り組みを行っています。

    ドルビー紛争鉱物ポリシーを読む

    米国証券取引委員会に提出された当社の紛争鉱物報告書である、ドルビーのフォームSDおよびCMRをお読みください。

    現代奴隷法に関する透明性のステートメント

    ドルビーは全世界において、合法的かつ倫理的な方法により、ビジネスを行います。当社と事業活動を行っている他の企業と、当社のコミットメントを共有していきたいと考えています。2015年英国現代奴隷法では、一部の企業に対して、サプライチェーンにおける強制労働や人身取引を根絶するための取り組みを開示することを義務付けています。ドルビーはこれらの法令の遵守に専心しており、弊社の事業に関連して強制労働や人身売買が行われることのないよう措置を講じています。

    現代奴隷法に関する透明性のステートメントをご覧ください。

    電子機器の有害物質の排除

    欧州連合(EU)の指令2002/95/EC、2011/65/EU電気電子機器への有害物質の使用制限(RoHS)

    ドルビーのエンジニアは、ドルビーの業務用製品が、2006年7月に6種類の有害物質の排除を求めたEU RoHS指令に準拠していることを保証しています。詳細については、ヨーロッパのウェブサイトをご覧ください。

    電子機器のリサイクル

    EU指令2002/96/EC廃電気電子機器(WEEE)

    2005年8月13日付けで、ドルビーが製造するすべての製品には、EU WEEE指令に従って×印が付いたゴミ箱のマークを掲示しています。この指令では、製品の使用終了時にリサイクルを実施する責任の負担を、製造者に対して課していますEU諸国では、ドルビーの配給会社および販売店が、販売した製品に対するリサイクルの責任を負います。ドルビーが直接的な義務を負う状況では、この要件に準拠するコンプライアンススキームに取り組みます。

    詳細については、欧州委員会の公式ウェブサイトをご覧ください。

    EU以外の国は、EU WEEE指令の対象ではありません。ポストプロダクション、フィルム、映画、および放送にかかわる事業で使用される、ドルビーラボラトリーズで製造された製品に対してのみ、この制度が適用されます。ライセンス許諾されたドルビー技術を搭載していても、ドルビーで製造していないコンシューマーエレクトロニクス製品のリサイクル情報については、各メーカーの情報を参照してください。

    WEEE/梱包/バッテリーに関する情報をご覧ください。

    規格適合宣言

    製品の規格適合宣言をご覧ください。

  • ドルビーの紛争鉱物ポリシー

    ドルビーでは、武装集団の資金または利益につながる紛争鉱物の使用を最小限に抑えています。

  • 現代奴隷法に関するドルビーの透明性のステートメント

    ドルビーは全世界において、合法的かつ倫理的な方法により、ビジネスを行います。

  • REACH

    ドルビー製品に含まれるREACH SVHCについての情報は、以下のリンクを参照してください。