• 創始者

    レイ・ドルビー:エンタテインメントの未来を 切り拓く

  • 芸術の世界と科学の世界を簡単に行き来できる人はなかなかいません。レイ・ドルビーは、ミュージシャンや映画制作者などのアーティストの表現の可能性を広げる発明によって、2つの世界を結び付けました。  

  • レイ・ドルビー:アーティストの発明者

  • 音の生み出す力

    レイ・ドルビーが1965年にドルビーラボラトリーズを創立した当時、映画やテレビのサウンドは1チャンネルしかなく、レコード製作者が利用できるのは一握りの音声トラックに限定されていました。それ以来、エンタテインメントのサウンドを向上させるために行われたことの多くは、レイ・ドルビーの取り組みに端を発しています。彼の取り組みには、彼の技術革新だけでなく、この技術革新がアーティストに与えたインパクトも含まれます。

    「ドルビーの努力は映画の制作方法を変えました」と映画監督のフィリップ・カウフマン氏は述べています。「それは、サウンドが重要な芸術要素となり、これまでにできなかったことをサウンドを使ってできるようになったからです。」

    不透明感

    レイ・ドルビーは1933年にオレゴン州ポートランドで生まれ、後にサンフランシスコベイエリアに移り住みました。1949年から1957年まで、Ampex Corporationでさまざまなオーディオや器楽編成のプロジェクトに携わり、Ampex®ビデオテープレコーディングシステムの電子的側面の開発を指揮しました。1957年にスタンフォード大学を卒業し、ケンブリッジ大学で研究を続けるためにマーシャル奨学金を得て渡英しました。1961年、ケンブリッジ大学から物理学博士号を取得しました。

    ドルビーは、未知の世界を探求したいと思っていました。これは、後に彼の技術を受け入れるようになるアーティストたちと共通の資質でした。

  • WoFの星

    レイ・ドルビーがハリウッドの星を受ける

    1月22日、音響技術のパイオニアでドルビーラボラトリーズの創設者であるレイ・ドルビーに、世界的に有名なハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムで星が贈られました。

  • ドルビーの革新

    ラボと舞台裏におけるドルビーの作業内容をご覧ください。 

  • 「発明者になるには、不信感を持ちながら生きることをいとわず、その暗闇の中で働き、答えを求めて模索し、答えがあるのかどうかについての不安に耐えることが必要である。」


    レイ・ドルビー

  • レイはドルビーラボラトリーズを世界的な企業に育て上げました。

  • 「サウンドにおけるレイの先駆的な仕事が、『スター・ウォーズ』を真に夢中になれる体験にする上で非常に重要な役割を果たしました。これは私が長年そうしたいと夢見てきたことです。」


    映画監督、ジョージ・ルーカス氏

    • 限界に挑戦する

      ドルビーは、生涯で50件以上の米国特許を取得し、創設した会社は科学者やエンジニアが視覚と音の限界に挑戦する場として繁栄しました。1965年以来、数千本の映画と数十億もの製品でドルビー®技術が採用されています。

      レイ・ドルビーは、サンフランシスコで2013年9月12日に80歳でこの世を去りました。

      受賞歴

      存命中にレイ・ドルビーが受賞した賞は以下のとおりです。

      • アメリカ国家技術賞(クリントン元大統領から)(1997年)
      • 名誉大英帝国勲章(OBE)(エリザベス女王から)(1987年)
      • 科学名誉博士号(ケンブリッジ大学から)(1997年)
      • 名誉博士号(ヨーク大学から)(1999年)
      • Oscar®像(映画芸術科学アカデミーから)(1989年)
      • OscarクラスII(盾)(A.M.P.A.S.から)(1979)
      • Ampexビデオテープレコーダーの考案およびドルビーラボラトリーズでの功績などを含む複数のEmmys®賞(全米テレビ芸術・科学アカデミーから)(1989年、2005年)
      • Grammy®賞(全米レコーディング芸術科学アカデミーから)(1995年)
      • ベルリン映画祭ベルリナーレカメラ賞(2012年)
      • サンフランシスコ映画協会ジョージ・ガンドIII世賞(2013年)
      • オーディオ技術学会(AES)からの銀メダル(1971年)と金メダル(1992年)
      • 米国電気電子学会(IEEE)からのエジソンメダル(2010年)