• ドルビー3D

    • ドルビー3Dは、TV、PC、ポータブルデバイス用のメガネなし3Dと、独自のデジタルシネマ技術の2つのシステムで構成されています。どちらのシステムも、優れた色の忠実性とリアルな3D効果により、シャープで鮮やかな画像をお届けします。

    • ジェームズ・キャメロン氏が、ドルビーグラスレス3Dがどのようにご家庭に究極の3D映画体験をもたらすかについて語ります。

      • 見応えのある3D映像

        3D技術の最も重要な側面は映像であり、それをドルビー3D(Dolby® 3D)がお届けします。鮮やかな映像をリアリティのある深みと並外れた鮮明さで楽しめます。

      • 3DをTV、ラップトップ、モバイル機器で楽しむ

        ドルビー3Dは、TV、タブレット、ノートパソコン、スマートフォンなどのあらゆる3Dデバイスで動作します。特定の機器とスクリーンサイズに合わせて3Dコンテンツが自動的に最適化されます。

      • フル解像度

        他の3Dシステムは、片眼にそれぞれ半分の解像度しか届けません。ドルビー3D(Dolby 3D)は、メガネなし3Dと従来のメガネ式3Dの両方について、これらの信号をフルHDの3Dにアップグレードします。はるかにシャープな映像が楽しめます。

      • ついに登場 — ソーシャル3D

        部屋のどこに座っても、TVで素晴らしい3Dを見ることができます。友達を呼ぶこともでき、狭い場所に群がって座る必要もありません。煩わしいメガネをかけなくてもいいのです。

      • コアとなる3D技術

        ドルビー3D(Dolby 3D)のコアコンポーネントは、ピクセル単位の精密さの変換/マルチビューレンダリングモジュールです。メガネ不要(自動立体視)のディスプレイに関して、業界で最も「奥行きが精密な」3D映像を提供できるように設計されています。このモジュールにはその他の重要な機能として次のものがあります。

        • 2Dコンテンツから3Dへのリアルタイム変換
        • ユーザーによる制御: 3Dディスプレイの奥行きと遠近感を視聴者が調整可能

        ドルビー3D(Dolby 3D)は、H.264ビデオコーデックをサポートするすべてのデバイスに対応する、帯域幅の効率が高いフレーム互換最大解像度(FCFR)ビデオコーデック拡張技術も備えています。これにより、広範なデバイスで、接続速度にかかわらずフルHD再生が可能になります。

      • ドルビービジョン

        ドルビービジョン(Dolby Vision™)は、これまでにディスプレイで見た中で最も生き生きとした視聴体験をお届けします。

    • プロフェッショナル向けのグラスレスドルビー3D(Dolby 3D)

      真のエンドツーエンドソリューションであるドルビー3D(Dolby 3D)は、芸術的で実用的なメリットを提供します。これによって放送事業者と機器メーカーは、はっきりとした差別化のポイントが得られます。

      機器メーカー

      ドルビーグラスレス3D(Dolby glasses-free 3D)は、最もシャープでリアルな3D映像を提供する、クラス最高レベルの3Dディスプレイ技術です。

      放送事業者

      ようやく、優れた3D体験を支持者に提供するための互換性を備えた実用的な手法を手にできます。

      映画興行会社

      ドルビー3D(Dolby 3D)は、3D操作を簡略化して財政面を向上させながら、映画の観客にできる限り最高の3D体験を提供します。

    • 3D映画の特長

      • より優れた画質

        高度なフィルター技術により、アーティファクトやハロを最小限に抑えながら、鮮明で生き生きとした映像を生み出します。

      • よりよいメガネのソリューション

        高品質のドルビー3D(Dolby 3D)メガネは、最も長い映画の間も快適な着け心地です。ほとんどの度付きメガネの上から簡単に装着できます。また、再使用することができ、使い捨てのものと比べてはるかに環境に優しくなっています。

      • 子供にも優しい

        ドルビー3D(Dolby 3D)メガネには子ども用サイズもあるため、小さなお子様でも3D映画を快適に楽しむことができます。

      • あらゆるスクリーンで使用可能

        ドルビー3D(Dolby 3D)は、ホワイトまたはシルバースクリーンのいずれかで使うことができ、これによって、劇場や座席に関係なく最高の映像を見ることができます。他の3D技術では、シルバースクリーンが必要です。

      •  映画館向けの独自の3D技術

        ドルビー3D(Dolby 3D)はその他の3Dシネマ技術と異なり、映画の制作者が意図したものに完全に忠実な体験を提供します。ドルビー3D(Dolby 3D)では、きわめて鮮明でクリアな画像を届ける独自のフルスペクトルカラー技術を採用しています。ドルビー3D(Dolby 3D)の映画システムは、3D映画用にデジタルプロジェクターに自動挿入できる回転式カラーフィルターホイールを備えています。

        プロジェクター内で、このホイールが画像の形成前に光をフィルター処理するため、色と品質が維持された変調のない画像を届けます。2D映画を投影するときは、ホイールを自動的に格納できます。そのため、2Dの上映で3Dフィルターが残ることによる画質の問題を回避できます。

        ドルビー3D(Dolby 3D)では、左目用と右目用のフルカラー映像を投影します。このとき、微妙に異なる2つの原色セットを使用します。観客は、パッシブ3Dメガネを着用します。このメガネは、プロジェクターのフィルターに一致するように正確に調整された補正フィルターを備えており、これによってそれぞれの目で正しい画像を見ることができます。

        プロジェクターに加え、ドルビーフィルターコントローラー(Dolby Filter Controller)が投影時にフィルターホイールを3Dデジタルコンテンツに自動的に同期させます。

        ドルビー3D映像は、従来の白色スクリーンに投影される場合でも完全な品質を実現します。その他のシネマ3Dの方法では、映像を十分明るくするために、反射率の高いシルバースクリーンが必要です。しかし、シルバースクリーンでは2D体験の質が低下します。

      • ドルビービジョン

        ドルビービジョン(Dolby Vision™)は、これまでにディスプレイで見た中で最も生き生きとした視聴体験をお届けします。